AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 年齢 が高くても

語学留学は可能? 語学学校はどこがいい?

 

 

フィリピン留学
あなたがフィリピン留学へ行く目的は?

 


年齢が高くても語学留学は可能ですか?


フィリピン留学は、老若男女年齢を問わず全ての方が可能です。

かつて、フィリピン留学は、英語力の向上を目的とした大学生に人気が高かったのですが、

今では会社の業務でも英語が必要な場合が多いので、会社員や、

退職後の休暇と英語の勉強を一緒に楽しもうという目的のもと、

フィリピン留学を選択される人も徐々に増えている傾向にあります。

フィリピンへ語学留学に行く割合が最も多い大学生の場合、いい大学、いい仕事、

高い英語のスコアのために勉強するのに対し、年齢が高い方の留学目的は、

職場で必要、または個人の必要性によって、あるいは

英語を取得する達成感というように、その方向性が少し異なります。

年齢の高い方は、英語に関わっていた経験が比較的少ないので、

英語の勉強に適応するのに多少時間がかかったり、

若い学生よりも勉強への抵抗感がありますが、その部分はマンツーマン授業を通して

解消できるので、フィリピン留学がより広く好まれています。

また、強制的な勉強ではなく、本人の必要性に応じてやっている勉強なので、

学習速度は遅いかもしれませんが、学習理解とその効果は高いと思います。

 

フィリピン留学
英語の学習に年齢を気にする必要はありません!

 

また、フィリピン留学は、英語の勉強だけでなく、

語学留学に必要な生活面まで補助されているので、留学生活の便利さのために、

学生だけでなく、一般人の方も一年を通して個人的な

スケジュールに合わせて留学をされています。

特に、日本でも徐々に英語の必要性が求められていることで、

企業研修や休暇、休職を利用した留学も多様に行われています。

年齢が高い方の条件の中でほとんどを占めているのが、

相部屋より1人・2人部屋、シングル寮を好み、

留学期間に勉強だけでなく、個人的な休暇を過ごすことを大切に考えているか、

または、逆にあまり栄えていない都市で、

マンツーマン授業を集中的に勉強することを要望をされる方が多いです。

ベトナムで事業を営む50代の学生さんは、以前はお金を払って

通訳を雇って事業をしていましたが、

少しの時間とコストを投資して留学を行いえば、もはや通訳の助けを受けずに、

自らの業務に支障がないと考え、留学を決めたそうです。

留学しようという意志さえあれば、年齢が高いとしても、

フィリピンで英語の勉強をすることに問題はありません。

このように、年齢によって様々な目的や要望をお持ちの方にも長年答えてきた、

フィリピン専門エージェントのフィルジャがもつノウハウによって

本人のスケジュールとニーズに合った留学プランと、

語学学校をおススメすることがで可能です。

 


フィリピンでいい語学学校はどこですか?


 

フィリピン留学
フィリピンの語学学校は、学校によってそれぞれの特徴があります。

 

フィリピンで良い語学学校とは、留学に行く目的と条件に合った語学学校です。

良い語学学校と良くない語学学校を、客観的に区別することは難しいです。

なぜなら、それぞれ留学を決めるための基準が違うからです。

フィリピンは、語学学校ごとに特徴が異なります。

名門大学を出た先生が多い語学学校がはたして良い語学学校であるのか、

良い講師であるのか、語学学校にプールがないからといって、

はたして施設が悪い語学学校と言えるでしょうか。

また、大都市にあるから良い学校であり、都市から外れた

田舎の小さな語学学校は良くないという訳ではありません。

何人かの学生は、勉強法はどうせどこも似ているから、

生活の一部に条件を置いて、寮と食事を大切に考えようとします。

しかし、TOEFL / IELTSのような専門コースの経験が

豊富な語学学校を探している学生には、その部分の歴史が長い

語学学校が、その学生にはいい語学学校になるでしょう。

語学学校ごとに、それぞれの特徴があり、

学生にとってメリットになることも、デメリットになることもあります。

良い語学学校と言われるところは、一般的に欠点より利点の方が多い

学校を良い語学学校と思いますが、

フィリピン留学の場合は、本人が希望する条件にできるだけ合った

語学学校を選択するのが、最も良い語学学校だということができます。

 


フィリピンの語学学校は外出や外泊が可能ですか?


 

フィリピン留学
フィリピン留学中の週末には、多くの学生が旅行に出かけます。

 

フィリピンは語学学校のタイプによって、週に外出が可能な語学学校と、

外出が不可能な学校に分かれており、週末は

基本的にすべての語学学校で外出や外泊が可能です。

 

▶️外出

フィリピン語学学校のタイプは、一般学校、セミスパルタ学校、

スパルタ学校に分けられます。

一般の語学学校やセミスパルタ式の語学学校は、平日に外出が可能で、

スパルタ学校は、平日外出禁止の規則があります。

しかし、一般学校の場合にも門限が決まっており、帰宅時間をチェックします。

週末の場合は、全ての学校で外出が自由に可能ですが、

週末にも門限を決めて、門限までに帰宅するように定めています。

ほとんどの語学学校では、月曜日~木曜日・日曜日の門限が夜9時~11時、

金曜日・土曜日の門限は夜12時~2時の間です。

 

▶️外泊

フィリピンの語学学校のほとんどは、平日の外泊が不可能ですが、

週末には外泊許可書類、または旅行計画書を提出した学生に限り、

外泊を許可しています。

ただし、学校ごとに、学生たちの特別な状況

(家族や友人がフィリピンに旅行に来た場合、病院に行かなければならない場合、

郵便物を取りに行かなければならない場合など)の際には、

語学学校の管理者に応じて、外泊を許可することも可能です。

 

外出または外泊に関して、厳しく規則を設ける理由は、

学生の語学留学の目的である英語の勉強に集中できる環境を作るとともに、

学生方の安全な留学生活のためでもあります。

そして、フィリピン留学が話題になり、フィリピン留学のメリットとともに、

遊びの文化が発達するというデメリットも一緒に広まり、

フィリピン語学学校もこれに伴い、規則が厳しいセミスパルタや

スパルタ式の語学学校に変更されたり、既存のプログラムも

セミスパルタやスパルタに変更され、最近では、生活が自由な

一般学校よりもセミスパルタやスパルタ学校がより多くなっています。

そのため、フィリピン語学留学を考えている方々も、

休暇の生活に目的を置くよりは、英語力の向上という目的を最優先に考え、

フィリピン語学留学をされることをオススメします。