AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 体験談 フィリピンはこんな国です!

 

フィリピン留学生活を成功させるためには、

まずフィリピンという国について知る必要があります。

そのためにフィリピンのセブで5ヶ月間生活しながら

実際に見て感じたフィリピンがどういう国なのかをまとめてみたいと思います。

 

フィリピン留学

 


フィリピンセブのSWOT分析


Strength(強み)

フィリピンセブの強みは何といっても

他の英語圏の国よりも安い価格でマンツーマン授業を受けることができるという点です。

マンツーマン授業を通して、自分に足りない部分を学ぶことができます。

また、フィリピンの首都マニラより治安が良く、多様で風変わりな体験をすることができ、

フィリピン第2の都市であるため教育レベルが優れていて

他の地域よりも良い先生に会う確率が高いです。

 

Weakness(弱み)

セブに限らずフィリピン全体的に言えることですが、

100%英語圏の国ではないので、学校の外に出ると英語が通じない場合もあります。

発音やアクセントに若干の癖がある人もいるので、

欧米圏の国で学ぶのに比べるとディスアドバンテージと言えます。

 

Opportunity(機会)

英語の基礎が身についてない人や、

スピーキングに自信がない人にとっては絶好の機会になるはずです。

他の英語圏の国では少ないマンツーマン授業を通して英語の

基礎と自信を上げてくれます。

 

Threat(リスク)

時期によっては自然災害(台風など)が多く、治安も日本と比べてしまうと良くはありません。

しかし、どこの国へ行こうと日本より安全な国はありませんし、

安全上の注意と自己管理さえ気をつければ大丈夫です。

 


南国都市のセブ


 

フィリピン留学

 

セブは、マニラから南東560Km地点のビサヤ島の間に位置しており、長さが200km、

人口が300万人にのぼるフィリピン第2の都市です。

セブ市が位置するセブ島は、貿易の中心地として経済的に発展しただけでなく、

多様な文化を受け入れ、非常に独創的であり、多くの歴史遺跡が残っています。

 

また、目の前にはエメラルド色の海と南国のヤシの木が調和した、

非常に美しい自然のリゾート地が広がります。

セブ島は注意深く見てみると、あちこちにスペイン統治時代の歴史の足跡が残っています。

このような歴史的遺跡は、330年間も続いたスペイン植民地統治の痕跡です。

このような歴史的遺跡と、セブならではの様々なアクティビティを通して、

楽しくエキサイティングな留学生活を送ることができます。

 


セブの貨幣


 

フィリピン留学

 

フィリピンでは、ペソという通貨を使用しており、

紙幣は1000、500、200、100、50、20ペソがあり、

コインは10、5、1ペソなどがあります。

 

日本の1万円が約4000ペソです。

ちなみにタクシー基本料金は40ペソであり、

ハンバーガーセットの価格が120ペソ程度です。

 


セブの言語


セブでの一般的な言語はセブアノ(ビサイヤとも呼ばれる)です。

セブアノはフィリピン南部ではタガログ語より多く使われています。

(簡単に説明すると日本の東京弁がタガログ語、その他方言がセブアノです)

セブではセブアノ語、タガログ語と英語が広く使われています。

 


セブの治安


首都マニラに比べると治安は良い方です。

しかし、ホームレスが多く暗い夜道を歩くのは避けましょう。

日中でもスリに注意する必要があります。

人が多い場所ではポケットに手を入れて貴重品を守りましょう。

と言うより必要のない貴重品は学校に置いて出かけるようにしましょう。

事情があって持ち出さなければならない場合はメッセンジャーバッグやリュックに入れましょう。

ハンドバッグ等は危険です。