AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 体験談 CEBU JIC語学学校

私がCEBU JIC語学学校を選んだ理由

 


1.留学を決めた理由


私は平凡に大学を卒業して、そのまま企業に就職をし会社員になるという普通の生活をしてきました。
社会人1年目だからなのか、若いのは今だけなのに私は何をしているのだろうという気持ちが生まれ、
再就職が難しくなるかもしれないというリスクと周囲の反対を押し切って留学を決意しました。
そして、そこまでする自分の行動が本当に英語が上手くなりたいんだという気持ちを確かめることができました。

フィリピン留学

 


2.セブを選んだ理由


私がフィリピンのセブに留学をしようと思ったのは、知り合いがセブに住んでいたからです。
また、アクティビティーや綺麗な島も近くにあり、
勉強に疲れた週末はリフレッシュすることができると思いました。

 


3.JIC語学学校を選んだ理由・JIC語学学校の特徴


(1)学校の規模が大きすぎない
留学準備をしているときに、学校の規模が大きければ大きいほど管理が上手くいっていないのではと思いました。
そのため、あまり規模が大きくなく、逆に小さすぎでもない学校を調べてみました。
そして、定員130人という私にぴったりの学校を見つけました。
それが、JIC語学学校だったのです。

 

(2)セミスパルタ語学学校
留学の目的はもちろん英語の勉強のためでしたが、
1年間社会人として生活をしてきたので、少し休みたいという気持ちもありました。
英語の勉強のためにはスパルタ学校がいいのは分かっていますが、
私の性格を考え、ちょっとゆっくりするためには、
セミスパルタ学校がいいと思いました。

 

(3)トイレの水圧が強い
なぜトイレの水圧を気にするかと言うと、セブは配管が古くなってきていて水圧が弱い学校が多いと聞いたからです。
しかし、JIC語学学校のトイレは水圧が強く、シャワーも気にすることなく使えます。
また、お湯もきちんと出て水周りの環境がいいところがいいと思いました。

 

(4)選択・食事・清掃が提供される
JIC語学学校は英語の勉強に集中することができるように全ての家事を代わりにしてくれています。
また、ヘルパーさんはとても優しくて、洗濯は週に月、水、金の3回と決まっていますが、
お願いすればその他の曜日でも洗濯をしてくれました。清掃は、2日に1回程度してくれます。
ベッドシーツや枕カバーは2週間に1回ほど変えてくれますが、
変えてほしいとお願いすればいつでも変えてくれました。

フィリピン留学

 

(5)スペシャルクラスがある
全ての教育課程にはスペシャルクラスという勉強をもっとしたい学生のための補充授業のようなものがあります。
授業終了後に無料で補充授業を聞くことができ、私も時々参加しました。

 

(6)外国人の比率が高い
私が初めて行ったときは5月でした。
その時は、韓国人・ベトナム人・台湾人など色々な国から来た学生が多く、
留学中は、たくさん他の国の人と話をして、英語を話す恐怖心を払拭することができました!
今でも学校で知り合った外国人の友達とはメッセージのやりとりをして、
英語の勉強になっていると感じます。

フィリピン留学

 

(7)学校の近くにモールがある
JIC語学学校に通ったことがある人ならみんな共感してくれる内容です!
JIC語学学校はセブシティの最も中心部にあり、色々なモールに簡単に行くことができるのです。
SMモールは歩いて10分かからない位置にあって、
生活必需品を買ったり、カフェや食堂、ボーリング、ショッピングなどとても便利な施設を利用できます。
また、大きな会社が多く集まっているITパークや、SMモールよりもっと大きいアヤラモールまでは、
徒歩20分くらいで行けてしまいます。
もちろん暑いセブでは、歩くよりタクシーを使ったほうが快適に移動できますが。

 

(8)全ての施設が一箇所にまとめられている
JIC語学学校は、全ての施設が1つの建物に入っているので、
セブの暑い気温の中外を歩くということはしなくて済みます。
1階はロビーとラウンジ、食堂で、
2階は講義室、図書室、オフィス、
3~5階は寮となっていて、簡単に移動をすることができます。

フィリピン留学

 

(9)ジムやバスケットボールコートがある
運動が好きな私にとっては、ジムや運動できるコートがあるところは、学校を選択するときに重要視していました。
平日外に行かない日には、いつもジムで運動をして軽くバスケットボールをして、
いっぱい汗をかいて、その日のストレスを発散させていました。

フィリピン留学

 

(10)プールがある
JIC語学学校のいいところは、プールがあるというところです。
週末どこにも出かけないときは、プールで泳いで気分をリフレッシュしていました。
プールは毎朝職員の方が木の葉を取り除いてくれていて、
また、水を浄化する機械を作動させてくれていたので、
とても綺麗な状態でした。

フィリピン留学

 

(11)卒業式がある
教育課程が終わると全ての学生には卒業式があります。
多くの人の前でどれくらい英語が上手くなったのか発表し、自分の英語力を確認することができます。
これまでは、単純にスピーチをして終わっていたようですが、
今では、プレゼンテーションや歌、踊りなど様々なパフォーマンスをしながらいい思い出作りもできます。
私も親しかった先生と一緒にフィリピンの歌を歌いました。(とても緊張して震えていたのは秘密です…)

フィリピン留学

 

(12)アクティビティーに格安で参加できる
平日頑張って勉強したあと、週末は何をしようかと考えますよね。
親しくなった友達同士計画を立てて色々なところに行くのもありますが、
学校で提供されるアクティビティーは格安で行くことができます。
また、引率してくれる人が予約から食事などの全ての準備をしてくれるので、
余計な心配をせず十分楽しむことができるのです!

 

(13)毎朝単語試験がある
JIC語学学校は、毎朝必ず単語試験を受けなければいけません。
単語試験を受けられなかった場合は、その日は外出できないという条件があります。
そのため、自然に早く起きる習慣が身につき、
私は、朝6時に起きて単語の勉強を1時間して、ご飯を食べてから、
7時半頃に単語試験を受けていました。
毎日単語試験を受けていると分からない単語が出てきたらもう一度確認しなきゃという癖がつきました。

フィリピン留学

 

(14)マンツーマン授業の先生が優しい
留学後期のあたりから、学生たちは先生と食事がしたいと言っているのを多く耳にしました。
毎日同じ時間に一緒に頑張ってくれている先生は、フィリピン留学中に最も多く会話をする相手ではないでしょうか。
先生と親しくなり、授業が終わった後は一緒にご飯を食べたりして
フィリピンの文化を感じながら、英語を更に使うのはとても重要なことだと思います。
フィリピン留学の強みであるマンツーマン授業を通じて、会話をする機会をたくさん作ることができました。
私はもっと会話をしたくて、外国人の友達や先生とたくさん話をして英語に対する恐怖心を短時間でなくすことができました。

 

 

以上が私の留学体験談です。
この体験談を書くにあたって、3ヶ月間の留学生活を振り返ることができてとてもよかったです。

 

 

また、無事に留学を終えることができ、
これまでサポートしていただいたフィルジャさんには本当に感謝しています!