AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 体験談 ELSA語学学校

また行きたいと思える語学学校!

 

こんにちは^ – ^
私はスピーキングがあまりにも苦手で、
フィリピンセブに3ヶ月の語学留学に行ってきました。
日本に戻って1ヶ月経った今でも、ELSAで出会った友人と連絡を取り合っています^^
今後もさらに気を引き締めて英語の勉強に集中するためにも、
留学生活をこうやって改めて振り返り、
さらにELSAでの語学留学での経験を皆さんと共有したいと思い、
この体験記を書きます。
まず、私がELSAを選択した理由は、
セブのシティから少し離れていて、広々ゆったりしたリゾート型の学校だったからです。
シティの中にいると、周囲に誘惑も多く勉強に集中できないかと思いました。
さらに、ELSAはマンツーマンでの授業が5時間もあり、
効率を重視したかった私に向いていると考え、選択しました。
それでは、私のELSAでの留学生活をご紹介します。

ELSAでの留学生活


ELSAは半スパルタ式なので、20時まで勉強をすることになります。
私はいつも6:40に起きて支度をし、朝は必ず食べるようにしていました。
午前の授業に集中できるようにするためです。
さらに私は、10分間の休み時間にも予習や復習をしました。
自分が使いたいフレーズ、授業外で気になったことなどをまとめて
授業で先生に質問できるようにするためです。
その甲斐あって、自分でも実感できるほど日々英語での表現の幅が広がっていきました。
先生と親しくなるにつれ、一緒に過ごす時間が増えていきます。
ELSAはキャンパス内にプールやバドミントンコート、卓球場、ダーツまであるので、
そういった施設も利用して先生と交流を楽しみました。
そうすることで、日常の中でたくさん英語を使えるようになりますし、
英語を間違えたら先生が直してくれたり、わからない部分を質問できるので、
非常に良かったと思います。

英語学習カリキュラム


フィリピン留学
初日にレベルのテストをして、夕方にはスケジュール表を受け取れます。
ESP(グループ授業)
日常生活の中でよく使う表現を勉強するレッスンです。
私はこの授業とても役立つだろうと思って後からコマ数を増やしました。
毎週金曜日にはテストがあるので、一週間で学んだ内容を使って、
しっかりと身につけることができます。
語彙(マンツーマン授業)
語彙力は本当に重要です。
ただ、単語は授業時間外で一人で勉強して、
その分の時間で先生から教わる科目を受けた方が効率的だと友達から聞いて、
私はこの語彙の授業を他の科目に変えました。
それと、もしTOEICのハイスコアを求めて留学に行かれる方の場合であれば、
TOEIC対策用の単語本を自分で日本から持っていくことをお勧めします。
私は用意していかなくて、結構苦労しました。
ちなみに私は新しい単語をケータイの待受画面にして覚えていました(笑)
Callan(グループ授業)
カランメソッドというものを用いたグループレッスンです。
とても速いスピードで延々と英語を聞き続けます。
それによって集中力がものすごくつきます。
ELSAにのみある授業だと聞きました。
最初は自分が何を聞いているのかさっぱりというレベルでしたが、
毎日繰り返していくうちにだんだんと耳がついていくようになり、
さらに自分が喋るスピードまで速くなっていきました。
Native(グループ授業)
このクラスは必修授業です。
フィリピン人の先生とたくさん話せるようになっても、
ネイティブと話すとなるとなぜか聞き取れなくなります。
これは発音の関係もありますし、緊張のせいもあります。
なのでネイティブの先生との授業は本当に役に立ちます。
ネイティブならではの表現なんかも学べますしね。
この授業では教科書を使うのではなく、その時その時でトピックを決めてトーキングをしたり、
アメリカ人の考え方だったりアメリカの行事だったりについて知識を得ることもできます。
文法(マンツーマン授業)
先生がとてもわかりやすく説明してくれるので、
個人的には文法の授業が一番好きでした。
授業で習ったものを次の日授業前に整理して先生と確認することで、
完全に自分のものにしていました。
ライティング(マンツーマン授業)
語彙力が少ない私は、常に辞書が必須でした。
私の場合、ライティングは勉強すればするほど英語力が伸びる実感を得ました。
毎日日記をつけようと思ってたんですが、毎日眠くて断念してしまいました。
まぁそれだけ毎日勉強を頑張っていたってことです^^;
私の周りでは、ライティングの授業を2コマにしてる人も多かったです。
リーディング(マンツーマン授業)
私は本当に発音やアクセントが苦手で大変でした。
しかし、先生は授業時間に私のアクセントを携帯電話で録音をしてくれて、
私は毎日それを聞いて練習しました。
発音に関しても別に授業をしていただき、発音はだいぶマシになったと思います。
会話(マンツーマン授業)
授業の始めにまず、今日のテーマを与えられます。
そこから3分で自分の考えをまとめて発表するというスタイルの授業でした。
本当にスパルタ式でした。
そして、毎月最終週の金曜日には、月末のテストとアクティビティがあります。
午前中に試験を受け、午後は体育大会や孤児院ボランティア活動などをします。
ボランティア活動に参加すると、「国際認証奉仕活動確認書」というものがもらえるんです^^
試験は、文法や単語、リーディング、ライティング、スピーキングに分かれていて、
100点満点中70点以上であればNativeの授業を二時間取ることができます。
ただ、70点以上取るのが意外に難しいんです。
試験の難易度が結構高いんですよね…
あ、それと、ノートは期間に合わせて前もって日本から用意していくのがいいと思います。
こっちで買うと紙の質が悪いんですよ…
しかもサイズが小さい。
一番左のがこっちで買っていったノート。
右二つがフィリピンで購入したノートです。
フィリピン留学

ELSAがオススメな理由


最後に、ELSAがオススメな理由!
私はフィリピンに行ってご飯が口に合わなかったらどうしようかって心配していました。
しかし、ELSAのご飯はおいしいという評判を聞いて決めたところも正直あります。
シティにある学校からELSAに移って来た友人の話によると、
ELSAは本当にご飯がおいしいそうです(笑)
その友達が通っていた学校は外出も自由であったため、
しょっちゅう外に出かけて食べていたそうで、出費が半端なかったとのこと…
それと、ELSAは寮の部屋も大きくて満足でした。
私はトリプルルームを使ってましたが、かなり満足でした。
これもシティから来た友達曰く、部屋は大きく収納スペースも確保されており、
ルームメイトと生活するのに必要十分な広さだとだと言っていました。
さらに洗濯も一日に二回もしてくれて、掃除も毎日してくれて、本当に最高とのこと。
私は、最初からELSAしか経験していないので比較のしようがないんですが、、、
最後に部屋の写真も載せておきますね。
フィリピン留学
以上、私の体験記を読んでいただきありがとうございました^^