AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 留学体験談 HELP語学学校

39歳の英語挑戦記録!

 


“39歳、5歳の娘のパパであり一人の夫”


 

英語の勉強をするために家族を犠牲にしてまで、

HELP CLARK Campusに語学留学に来た。

~本人の希望には関係なく一生付きまとう英語という課題~

1)就職や昇進するたびに苦労する英語

2)業務中の英語でのコミュニケーションの限界とE-mailの限界

3)会社から与えられるせっかくのチャンスを、英語力のせいで掴むことができない敗北感

 

これらのすべてを解決しようとフィルジャを訪れ、

HELP CLARK Campusにたどり着いた。

 


1.なぜHELP CLARK Academyを選択したのか


 

第1の理由は“安全”

フィリピンのマニラで多くの日本人が危険な目に遭ったという話を、

インターネットやその他メディアを通して目にした。

また、セブの近隣地域では、地震や津波などにより

大変な被害が出たと報道されたこともある。

そのため、私はこのクラークという地域を選択した。

クラークはSafe Zoneに位置しており、許可された人と

車だけが出入り可能な地域なのです。

 

第2の理由は“学校内の外国人の数”

クラークにあるHELP語学学校は、外国人の留学生が多い。

外国人留学生との会話では、英語を使うことしかできない

環境なのでとても満足した。

 

第3の理由は“セミスパルタ方式による独自の学習時間”

スパルタは、短い期間に多くのことを学べるように強要されているシステムである。

あまりにも英語の知識が少ないのに強制的な英語指導が行われれば、

酷に感じることもあるだろう。

しかし、今まで私たちが子供の頃から様々なことを学んできた方法が

両親によるスパルタ教育ではないか。

ここは、授業を通して自分に足りない部分を探して、理解して学ぶことができる。

規律と自律のバランスのとれた学校である。

 

フィリピン留学

 

フィリピン留学
▲HELPクラークキャンパスは、寮と学校のシステムが比較的良い方だ。

 

学校の寮は2パターン。

 

①一般寮

本人の希望に応じて、“韓国人のルームメイト”と一緒に生活できる。

フィリピンに来る前に、あらかじめ留学エージェントを通して申請できる。

英語を使うしかない状況ができるのでおススメだ。

 

②先生と一緒に生活できる寮

追加料金を支払って、“フィリピン人ティーチャー”と一緒に生活できる。

メリットは、先生が夕方の決まった時間に生徒に復習、

または必要なサポートを行っていることだ。

 


2.留学前にしておくこと


 

学校に到着したらまずレベルテストを受ける。

レベルが高ければ高いほど、良い先生に出会える確率が高くなる。

すべての先生が教え方が上手いとは限らない。

先生のレベルも初級、中級、上級のように分けられる。

学生のレベルが低ければ、先生のレベルもそれに合わせて低くなる。

私はこの学校に来て最初に受けたレベルテストでLevel8中Level4だった。

ここに来る前に3ヶ月間の英会話スクールに通い、空き時間にも一人で

文法書を見ていたことに効果があったようだ。

真剣に勉強しようという意思がある方は、留学に行く前に基本的な勉強を

してくるのがより早く英語力を伸ばすことができる道だ。

 

フィリピン留学
▲私は一般ESLを受講した。

 

 


3.授業は先生のペースに飲まれたら終わりだ


 

割り当てられた先生の中に何人かいたのが、1週間ただのフリートークで

授業を進めようとする先生だ。

そのため、授業を自分中心に変えるために2つの方法をとった。

①“ノート一冊”を持って授業に参加する

そして、次のように要求した。 「もし会話のなかでミスがあれば、

ノートに書き直してくれ」授業後の復習の際にノートを見ると、

“自分が英語をどのように使っているのか”、“いつもどの部分で間違えるのか”を

知ることができる。

そして、苦手な部分はその場で改善していくことができる。

このような方法と努力が、私の英会話が良くなっているという

実感が感じられて良かった。

②各授業ごとに担当する先生がいる

私の場合、一人で勉強をしていて分からないこと、または曖昧に

なっていることがあれば各担当の先生に質問をする。

そうすることで、冗談交じりに会話していた先生は焦って、次の授業から

より徹底的にさらに丁寧に授業をするようになった。

最初にただ私との会話を楽しもうとしていた先生が、

今では一番熱心に英語を教えてくれている。

 


4. Relationship


この学校のメリットの一つは、外国人が多いという点であった。

日本人の友達を作らず、外国人の留学生と仲良くなったほうが、

英語を話すことへの自信と会話力がより増すだろう。

外国人と会話をしていると、言葉に詰まることが多い。

知っている単語なら説明できるのに、私や相手がその単語を知らないときは、

その言葉を説明しながら自分に足りない部分を再発見できる。

私は今、勉強した英会話表現を自分のものにするため、外国人の友人に対して

その表現を使用している。

そうすることで、自然とその表現を使いこなせるようになっているのが感じられる。

 

フィリピン留学

 

フィリピン留学

 


5. Try&Remind


 

現在この学校に来て2週間が経った。時間がものすごく速く過ぎていくのを感じる。

今回私はMartin Campusのサポートがあり、インタビューに合格して

来月からはバギオにあるMartin Campusに移る。

ここクラークでは、苦手な部分を克服しバギオではより高度な英会話を

自在に使いこなせるようになると考えている。

基本の知識を地道に積むことで、決して地盤が崩れることなく、より多くの知識が

積み重なって、さらなる難関を乗り越えていけると私は信じている。

また、環境に新たな変化を与えることは、

私がなぜここに来たのかという初心を思い出させる。

ここに長く滞在する学生は、ある程度のレベルに到達すると

それ以上はなかなか上がって行かないそうだ。

その理由は、完全に環境に慣れてしまった瞬間から、

すべての面で安心しきってしまうからだ。

 

フィリピン留学

 


6. Anticipation


 

最後の30代-私の永遠の宿敵であった英語を克服し、親友になれることを願っている。

また、フィルジャを通した2か月間の留学成果が、

フィルジャの良い見本になることを期待している。

私のような年齢の人でも希望を持って挑戦してほしい…誰にでもチャンスがあるからだ。