フィリピン留学 留学情報 フィリピン留学と欧米留学の違い

フィリピン留学 留学情報 フィリピン留学と欧米留学の違い

英語の勉強をするという共通点はありますが、

授業方式、費用、環境、地理的な点で多くの違いがあります。

フィリピン留学と欧米留学の違いについてご説明します。

フィリピン留学

1.マンツーマン授業が充実


フィリピンの語学学校では、1日3~4時間程度のマンツーマン授業を受けることができます。

授業内容は地震のレベルや関心に合わせてカスタマイズすることが可能であり、

実力向上効率が良いです。

英語を初めて学ぶ学生は英語で話すことに対する恐怖心を持っています。

特に会話より文法に力を入れていた学生は、グループ授業に対する不安がある場合が多いです。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏では、

10~15人程度の規模でグループ授業が行われています。

フィリピンでは、マンツーマン授業が基本であるため、

学生が話す時間の割合が多く、会話力を効率良く身につけ、

同時にグループ授業に対する負担をなくすことができます。

欧米国で行なうグループ授業2ヶ月分の効果を、フィリピンでは1ヵ月で得ることができます。


2.1日の授業量が多い


欧米国では一日4時間から5時間程度の授業が行われていますが、

フィリピンでは少なくとも6時間から10時間の授業が行われています。

一日に受けることのできる授業量が違うので、より早く上達できる可能性があります。


3.フィリピン留学は欧米留学に比べて安い


アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの欧米圏では、

1ヵ月の基準として学費+宿泊費用で20~30万円程度かかるケースが多いです。

フィリピンでは学費+宿泊費用で11~13万円くらいで済みます。


4.フィリピンでは勉強にだけ専念することができる


欧米圏では生活部分に費やす時間がかかります。

食事、洗濯、掃除など勉強以外の部分を自分でしなければならないので、

時間が取られてしまいます。

フィリピンの場合は学生寮での生活が基本なので、

洗濯、掃除、食事などを自分で行う必要がなく、勉強にのみ専念できます。


5.ビザの準備が必要ない


欧米圏では学生ビザで行く場合、少なくとも2~3ヵ月程度の期間が必要です。

フィリピンの場合は、単に観光ビザで行っても十分勉強することができます。

観光ビザで入って自分が勉強する期間だけ現地で延長が可能です。

SSPという学習許可証を申請すれば、観光ビザでも合法的に勉強をすることができます。


6.週末を利用して安い費用で旅行することができる


フィリピンはマニラ、セブなどの都市の他、

ボラカイ、パラワン、ボホールなどの有名な観光地も多いです。

平日は一生懸命勉強して、週末は習った英語を試しながら安い費用で旅行することができます。

短期間で大きな効果を得ること費用の安さで人気のフィリピン留学。

欧米圏に行く前に、生活環境や授業面で早く慣れる準備段階として

フィリピン留学をする方が最近増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください