フィリピン留学 番外編コラム 〜フィリピンの料理〜

フィリピン留学 番外編コラム 〜フィリピンの料理〜

 

こんにちは! フィリピン留学専門エージェントフィルジャの現地スタッフが

皆さんにフィリピンについて少しでも知ってもらおうと、

全3回に分けてお話をさせていただきます^^

 

第2回目は、日本人に馴染みのないフィリピンの

食事事情についてご紹介したいと思います!

フィリピン英語留学に来ると、基本的に日々の食事は日本料理や

韓国料理などが出てくる学校が多いです。

他の国への留学と異なり、あまり毎日毎日外食をするということはないので、

フィリピンに滞在していても実はフィリピンの食事に触れる機会って

そんなに多くないんです、、、せっかく来たのにもったいないですよね!

 

なので、今日は私がフィリピンの食事をご紹介します!

興味があるものをチェックしておいて、ぜひフィリピンに来たら挑戦してみてください!

 


フィリピン料理 フィリピンの食文化の特徴


 

現在一般に食べられているフィリピン料理は、中国料理や最初にフィリピンを統治した

スペインの料理から強い影響を受けています。

このコラムの第1回でもお話した通り、フィリピンは過去にアメリカや日本の統治も

受けていたわけですが、アメリカ料理や日本料理の影響はあまり受けなかったそうです。

 

またフィリピンはご存知の通り島国ですので、海産物も非常によく食べられています。

南国ですからフルーツも美味しい!マンゴーは代表格ですよね??

 

あとフィリピン人はお米が好きです。

お米と言っても日本のものとは異なり、タイ米・インディカ米が一般的です。

フィリピン人が食事しているのを見ていると、「え、そのおかずの量に対して

そんなにごはん食べるの⁉︎」ってぐらいお米たくさん食べます。笑

また、屋台などで食事をすると結構な量のごはんが出してもらえるので、

お腹いっぱいに食べられます。なんだか得した気分になりますよ(笑)

 

さて、実際にフィリピン料理にはどのようなものがあるのか

実際にご紹介していきましょう!

 

▶️フィリピン料理 レチョン

フィリピン留学

一言で言えば豚の丸焼きです。

フィリピンのお祭りやお祝い事の際には、なくてはならない料理です。

皮はパリパリしていて中のお肉はジューシー! 最高ですよね!

フィリピン人は豚肉を余すことなく食べると言われていて、このレチョンも

出てくるや否やみんな集まってきてあっという間に全身ペロリです。(笑)

私も食べてみたことがあるんですが、やはり豚1匹を丸々焼いて食べるので

なんとも言い表せない贅沢な気持ちになりました!

個人でふらっと買いに行ったり作ったりして食べられる料理ではありませんが、

フィリピン英語留学に来れば自然に友達がたくさんできるので、

ぜひみんなで一度は挑戦してみてください。

フィリピン留学での忘れられない思い出になること間違いなしですよ!

お店によっては切った状態で小分けにしているところもありますが、

そこはせっかくですからみんなで一緒に一匹いっちゃいましょう!(笑)

 

▶️フィリピン料理 アドボ

こちらもフィリピン料理ではかなり有名な一品。

鳥や豚とじゃがいもなどを煮込んだもので、日本の肉じゃがのような見た目ですが、

煮込みにお酢も使われているため少し酸味が効いています。

でも醤油とお酢の味付けですから日本人の下には合います。

私もよく食べるんですが、むしろこっちの味に慣れてしまうと日本の肉じゃがには

物足りなさを覚えるかも…(笑)

 

▶️フィリピン料理 パンシットカントン

フィリピン留学
フィリピン留学

フィリピン版焼きそばとでも言いましょうか!

焼きそばに比べると食感は少し柔らかく、人参や玉ねぎなどの野菜と

一緒に料理されていてカラマンシーを絞って食べます。

インスタント麺には、いろいろな味付けのもがあって

辛いもの、甘いもの、柑橘系など好みに合うものを探せます!

これが安くて美味しいとフィルジャ学生の方々にも大人気!

多くの方が日本へのお土産として買っていかれるんですよ^^

 

▶️フィリピン料理 ハロハロ

 

フィリピン留学

 

日本の某コンビニでも毎年販売されていて、日本人にも馴染みのある

かき氷のようなデザートです。

みなさんハロハロがフィリピンのデザートだって知っていましたか?

私はずっとハワイのデザートだと思っていました。。。

南国のイメージがあったのと、名前がロコモコっぽいからか…(意味不明)

「ハロ」というのがタガログ語で「混ざる」という意味で、「ハロハロ」が

日本語で言うところの「まぜまぜ」みたいな感じでこの名前になったんだとか。

かき氷の上に芋や豆、アイスクリームやゼリー、フルーツを乗せて名前の通り

かき混ぜて食べるのが本場のハロハロです!

フィリピンは年中暑いですからこういったヒンヤリしたデザートは

本ッッッ当に美味しく感じるんです!

でも一説によると、明治時代にフィリピンに出稼ぎに行った日本人が

営んでいた甘味屋さんのかき氷が改良されてハロハロになった

なんて文献も残ってるんだとか… あれ?ってことはハロハロのルーツは日本??

 

▶️フィリピン料理 カレカレ

写真と名前からどんな料理かは簡単に想像つきますよね?(笑)

はい、カレーです。

嘘です。すみません、嘘です。

カレーではありません。どちらかというとビーフシチューに近いです。

ナスやインゲンなどの様々な野菜やバナナ、牛肉をピーナッツクリームで煮込む料理です。

フィリピン人にとっては国民食とも言える料理なんです。

 

▶️フィリピン料理 バロット

フィリピン留学

フィリピン料理で最もトリッキーなのがこちら!

アヒルのゆで卵なんですが、最大の特徴は孵化直前に茹でるということ!

中の成長具合によって様々な食感・味が楽しめます。

フィリピンだけでなく、他の東南アジアでも広く食べられている料理です。

日本人にとってはかなり抵抗ありますよね…

でも話のネタになることは間違いなしなので、

勇気のある方は是非一度お試しください!

孵化直前のものだとジューシーなお肉と

パリパリしたくちばしと骨の食感が楽しめるそうですよ…

 


フィリピン留学


フィリピン留学

このように、食文化を見ても、やはりフィリピンって

「東南アジア!」って感じしますよね??

まぁ東南アジアだから当たり前なんですけど(笑)

 

フィリピン留学の良いところって、普段は英語の環境、でも週末など一歩外に出れば

また一味違った異国情緒を味わえるところだなって思うんですよね。

例えば、私は欧米国で英語学校に通ったこともあるんですけど、

当たり前な話、学校の中と外は同じ国なんですよ。

なのでフィリピンは学校内では英語環境、学校の外ではあまり馴染みのない

アジアに旅行に来た気分も味わえるというか、なんだか一石二鳥なんですよ。

一度にいろいろな世界を覗いてみたいという欲張りなあなた!

フィリピン留学がオススメですよ!

 

以上、本日はみなさんが意外と知らないであろう、

フィリピン現地の食生活についてお話をしてきました!

みなさん気になる料理はありましたか?

みなさんのフィリピン留学が少しでもエキサイティングなものになるよう、

我々フィルジャスタッフは日々努力しています!

この記事がみなさんのフィリピンへの好奇心を、少しでも刺激できたら嬉しいです!

 

それでは第3回でお目にかかります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください