AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 経験者 体験記 3 前編

 

 

 

フィリピン留学
フィリピン留学 思い立ったら即行動!

 


フィリピン留学 きっかけと事前準備


こんにちは!はじめまして。

セブのJIC語学学校に3ヶ月の語学留学に行ってきた学生です。

3ヶ月という期間は短かったと言えば短かったですが、短くも長い時間を過ごした

JIC語学学校の紹介や日常生活、そして学校周辺のお役立ち情報を書いてみようと思います。

私は大学の専攻していたコースで、ピアノの卒業演奏をするだけの退屈な日々を過ごしていました。

そんな時に大学の友達と会って話す機会があり将来の悩みを打ち明けると、

大学卒業前の残りの時間に、フィリピン留学へ行って見たらどうかとい話を聞きました。

 

その夜帰宅してから、一晩中インターネットで“フィリピン留学”について検索しました。

検索すればするほど、語学留学の魅力に引き込まれました。

たくさんのエージェントの中から、知人がオススメしてくれた

フィルジャに相談の申し込みをすることにしました。

すぐに電話して、次の日にフィルジャのオフィスへ相談に行く予約を入れました。

 

フィルジャのオフィスは本当にキレイでした。

担当者の人と向かい合って、私の希望する勉強スタイルや

学校に関して2時間も相談していました。

相談に行く前に、自身がどのような勉強や生活のスタイルを望むのかなど、

希望する学校の条件をきちんと考えておくことが重要です。

でも、私は無計画に相談を申し込んでしまい、とても反省しました。

そんな私にも分りやすい説明で理解させてくれ、

私の方向性を見出してくれたフィルジャに本当に感謝しています。

 

私の希望条件1

私が相談内容のうち最も優先した事は、できるだけ早く行きたいという事。

無意味な時間を過ごしていたので、1日でも早く行きたいという気持ちが大きかった。

そして、以前は望んでいた英語の勉強を高校卒業以来、全く勉強した事がありませんでした。

中、高校の間に英語勉強をしたとしても、文法を暗記しただけで

正直言ってそれだけでは基礎がないと考えられます。

そしてまた、高校卒業以来、英語とかけ離れて生きてきたので、

英語に対する不安も多くありました。

一方では、英語をもう一度最初から始めたいと思う考えもあった。

また、私はTOEIC、TOEFLのスコアのために英語の勉強はしたくない。

3ヶ月という期間、実生活で便利に使えるリスニングとスピーキングに重点を置き、

自由な空間で楽しみながら英語の勉強をしたいと思いました。

 

私の希望条件2

二番目は費用! 費用は個人によって千差万別です。

期間によって異なり、スパルタ、セミスパルタの学校によっても費用は異なります。

(スパルタの場合には、セミスパルタより授業が多いのでコストが多くかかる場合がある)

また、寮の一人部屋か二人部屋かによっても変わります。

私には、費用も一番重要なポイントの一つでした。

私は、3ヶ月を計画していたので、月に15万〜と考えて

飛行機の費用と学校に最初に支払う初期費用(ssp、ビザの延長、デポ​​ジット)を

含めて60万程度を希望すると伝えました。

その費用に合わせて学校を紹介して頂きました。

 

私の希望条件3

三番目には日本人の割合!

ひとまず、私は英語が話せなかったので、最初から外国人の多い学校に行くと

慣れるのが難しいと考えて日本人が多い学校を希望しました。

(学校に行って見て、やっぱり外国人が多い学校がいいと思いました。

日本人が多いと、せっかく英語の勉強に来たのに日本語ばかり話してしまいます。)

 

私の希望条件4

四番目は気候!

フィリピンは常に暑いけど、なぜ天気?と思われるかもしれません。

しかしフィリピンにも1年の間に雨季があり、乾季もあります。

また、フィリピンのセブやバギオなど場所によって異なります。

フィリピンという国の特性上、天気がうだるように暑いのではと心配していましたが

私が留学に行った12月から2月は、雨季なので結構肌寒い時もあり良かったです。

雨期と乾期の時期も調べておくと、より過ごしやすい環境で勉強することができると思います。

 

語学学校の決定

そして推薦された語学学校が3カ所、ENGLISH FELLA、JIC、CELCでした。

その中でJIC学校が一番惹かれました。

その理由は、セブシティの中心部に位置し、交通、宿泊施設が最も近かったからです。

セブシティのJIC学校はセミスパルタ、マクタンのJIC語学学校はスパルタ学校ですが、

セミスパ​​ルタで勉強してスパルタに移動したい時はいつでも変更可能という点が決め手でした。

 

そして、相談だけのつもりで訪れたフィルジャのオフィスで、

いつの間にか私は留学の手続きを進めていました。(笑)

寮は4人部屋で申請しました。

一度も寮生活をしたことがなく、ルームメイトに憧れがあったので迷わず4人部屋で申請しました。

そして登録料を入金して、フィリピンに行くための準備を始めました。

 

相談している間、学校紹介は学校の施設や勉強方法などを、

各学校で実際に撮影した動画で見せてくれました。

簡単には学校を比較することができないので、

説明だけ聞いていたら決定することが難しかったと思います。

こんなに多くの情報を自分自身で調べて決定しなければならなかったら

私の性格上、多分留学する前に諦めていました。(笑)

 

でも、フィルジャを通して難しいフィリピン留学の手続きや、

スケジュール管理がスムーズに進みました。

私も知人にオススメされたフィルジャを、

もし周りで留学する人がいればオススメしたいと思います。

 

また、出国2週間前には再びフィルジャオフィスへ

オリエンテーションを聞きに行きました。

私以外にも3人の学生と一緒にオリエンテーションを聞いて、プリントを配ってもらい

丁寧に説明が聞けたので、どのように準備すればいいのかという心配は消えました。

オリエンテーションの日に海外保険のことや現地での生活情報など、本当に詳しく説明してもらえます。

海外保険には必ず加入されることをオススメします!

私はフィリピンで風邪をひきましたが、保険に入っていたのでコストを気にせずに病院へ行きました。

また、帰国してからの保険料の請求の仕方まで、フィルジャの担当者さんが助けてくださいました。

留学後もケアしてくれ、本当に安心して信頼できるエージェントだと思います。

また、出発前にも作成すべき書類と、まとめなければならない

多くのプロセスがありましたが、全て教えてもらえるので心配いりません。

私は出発前にメールや電話で、サポートしてくださった

フィルジャの担当者さんに本当に感謝しています。

 


フィリピン留学 あっという間に留学生活がスタート!


 

相談を受けた日すぐに飛行機を予約して、3週間後にはすぐに授業を開始していました。

実際、早く行きたかったのですが、あれこれ準備していると思ったより準備期間が短かったと思います。

私は、あっという間にセブへ来ていました。

セブに到着するや否や、湿っぽい熱気が感じられて

「あーこれがフィリピンの天気なんだなー」と、すぐに肌で感じられました。

長い入国審査を終えて空港の外に出たら、本当に多くの人がプラカードを持って立っていました。

 

学校について

バンに乗って移動した学校は5階建てのビルの建物で、周辺の建物に比べて非常に高かったです。

学校の建物内を紹介すると、

1階にプール、ランドリー、売店、オフィス、ジム、レストランがあります。

2階には自主室、オフィス、教室

3階からが寮です。

3階は男性の寮で、4階は家族層、5階は女性寮です。

 

そして屋上! 屋上は勉強もできる涼しい風が吹いていて、

パノラマの景色が見たいなら本当に良い場所です。

 

フィリピン留学
写真は、屋上から撮影されたセブシティの姿。学校の外観は、5階建ての建物でかなり高いです。

 

学校はホテルを改装したものなので、とても綺麗でエレベーターまであります。

エレベーターがとても早いので、5階の寮と1階を快適に移動できました。

また、塾の入口には24時間ガードが守っているので、

学校の中にいる時はいつでも安全に生活することができます。

そしてガードがいる場所で、私達が学校を出入りする時に

使わなければならない名簿のようなものがあります。

何時に出て行ったのか、何時に入って来たのか記入する必要があり、

平日には門限が10時、金曜日、週末には門限11時の門限を守らなければなりません。

 

学校のプールの使用可能な時間は、平日は、すべての授業が終わった

夕方6時から11時まで使用可能で、その間は時間に関係なく使用することができる。

11時までと時間が指定されているのは、

おそらくプールが寮の一階に位置しているので騒音防止のためです。

11時以降は、もちろん眠る人が多いので使用ができなくしておいたようです。

 

私が学校に到着した時、マネージャーの方が

プールで多くの学生が水泳をするという話を聞いて笑った覚えがあります。

なぜなら学校の入り口付近にプールがあり、

出入りするすべての人々から見えるところにあるからです。

でもマネージャーの言葉は真実でした。

本当に多くの学生が水泳をします。

特に私が学校にいた時は休みシーズンだったので、小学生と中学生が多かったのですが、

学校が終わって夕食だけ食べるとみんな水泳していました。

私も天気が本当にあまりにも暑い日には、暑さ対策に泳ぎました。

プールの位置が学校内の入り口付近のおかげで、

天気は暑くても学校内の熱を冷ましてくれる効果があるようです。

そして、水は1年に一度くらいだけ抜いて

再び入れることを分かっていますが水は汚れていません。

なぜなら平日も週末も関係なく、毎日朝に掃除機のような機械で常に清掃をしてくれるので、

時々風が吹いて落ちた葉を除いて、綺麗なので心配する必要はありません!

 

そして、多くの学生が、体重管理のために夕方にバスケットボールや縄跳びをします。

私もフィリピンに行っておいしい食べ物を気にせず食べたので、体重が4kg増加しました。

だからクラスメイトの友達と毎日夕方縄跳びを千回しました。

男子学生は、バスケットボールをよくするため退屈する暇がない。

一緒にいたずらをしたり、話したり運動量が2倍になる程楽しんでいました。(笑)

 

フィリピン留学
1階のオフィスの真向かいに位置するインフォメーションデスク。

インフォメーションデスク

こちらは学校に入ってレベルチェックテストをした試験成績表、

毎月初日に、英語の単語紙を配分してくれるところです。

ここは朝早くから夜の11時まで職員が座っているので、もし何か発生した場合、

寮の各部屋に配置されているインターホンで呼び出しをするか、

エレベーターに乗って1階に下りて伝えさすれば大丈夫!

そして、旅行に行くための旅行計画書の紙もここにあります。

日帰りで旅行に行くのは、旅行計画書の必要はありません。

1泊2日の旅行へ行く生徒は、旅行計画書を書いて提出する必要があります!

私も旅行計画書を、ほぼ一週間に一度は使って

提出していましたが、難しいことはありません。

同行する友人の名前を書いてサインをして、宿泊する施設、行き先を書いて、

後はマネージャーにサインをもらってカウンターに提出すれば終わり!

そして後ろに見える本棚には、多くのDVDと教材があります。

名前を書けば、借りて見ることができる。

私は必需品1位というノートパソコンがなくて、DVDを借りて見たことはありませんが、

フィリピンはインターネットの速度が本当に遅いので

映画をダウンロードして見るという計画があれば、諦めてください!

さらに時々本当にインターネットがつながらない時は、写真のアップロードもできません。

ノートパソコンをお持ちの方は、退屈な時間はDVDを借りて映画を観るのがいいと思います。

そして、学校1階のメインオフィスには、インターネット電話があるので本当に急な仕事や

旅行のために、予約された宿泊施設に連絡することがあれば借りて使えるので便利です!

私の宿泊施設の予約に問題が生じた時、携帯は使えないのにどうすればいいのかと心配で

オフィスに行って状況を話したら電話を貸していただけて、何の問題もなく再予約することができました。

 

 1階ジムと売店

 

フィリピン留学
ジムと売店の様子です。売店で一番おいしい食べ物をあえて言うなら、私は煮込みラーメンだと思います。

 

売店には、韓国などからの輸入ものが多く、

近所の大型スーパーよりは少し高めですが急な時はよく利用します。

簡単な薬も置いていますが、フィリピンで病気になった時は

現地の薬が一番効くと思いました。

現地の薬をお勧めする理由は、私はフィリピンに来て

日本の薬よりフィリピンの薬が体に良く合いました。

これは個人差がありますが、どうしても病気の原因が

フィリピンの食品と環境なので、より迅速に効く場合があります。

でも、自分に必要な薬は、日本から持ってくるのが良さそうです。

特に下痢止め、腸炎薬は必須の必須です!

 

再び売店説明を継続しますが、売店内の本棚には多くの教材があり、

私たちが授業時間に使用するテキストです。

テキストは売店で購入できます。

テキストはレベルテストをした後、先生と初めて会った日に複数の教材を広げて見せてくれるので、

私のレベルに合ったもの、私が欲しいテキストを選べます。

学校で急に必要になった物(例えば歯磨き粉、トイレットペーパーなど)がなくなったときは、

売店が利用できるので便利です。

利用時間は、午前8時から夜11時まで開いています!

 

フィリピン留学
こちらは洗濯室です。

 

また、1階には重要な洗濯室があります。

毎週月・水・金に洗濯を任せることができます。

私は月曜日に洗濯物を預け、水曜日に戻ってくると同時にまた洗濯物を預ける方式にしました。

しかし、フィリピンの洗剤はあまり良くなく、色移りしていることもありました。

また、洗濯してくれる女性は2人だけだったので、

時々間違えられて自分のものではないものが混ざっていることもありました。

お気に入りの服は預けずに、手洗いの方がいいと思います。

また、洗濯ネットを用意しておけば便利です。

そして私は、フィルジャラウンジでゲットした

フィルジャTシャツでほぼ生活していました。

着心地が良くて人気だったので、学校内でも多くの学生が着ていました。

 

2階の自主室と教室

 

フィリピン留学
私たちの学校は2階が一番涼しいです。

 

どうしても授業するときに暑いと集中できないためか、

常にエアコンがついていて時には寒い時もあります。

教室はマンツーマン教室やグループ教室があり、マンツーマン教室は1〜7クラスまで。

一クラスあたり6〜7人の先生が配置されています。

そして、先生たちの部屋を飾る実力はすごいようです。

どの部屋に行っても常に華やかで、カラフルに部屋を飾っていて可愛いながら面白くもあります。

 

3階から5階までの寮

 

フィリピン留学
各部屋にバスルームがあるので、シャワーするのも便利です。

 

各階ごとにウォーターサーバーが設置されていて、

いつでも冷たい水も暖かいお湯も飲むことができます。

時々ミネラルウォーターがなくなっていても、他の階に行けば飲めるので便利です。

そして私のような4人部屋の場合、2段ベッドになっています。

多分2段ベッドじゃなかったら、とっても狭く感じたと思います。

エアコンも各部屋に設置されていますが、窓から風がよく通って

気持ち良くてエアコンを使ったことがありません。

私が留学に行った時期は、本当に涼しくて電気代を節約できました。

他の部屋は暑くて、常に扇風機をつけっぱなしにしたりエアコンを使っていた人は、

留学期間が終わって電気代の精算するときにデポジットから

多くのお金を払っている人をたくさん見ました。

私はエアコンを使用しなかったのと、4人部屋なので電気代は4分の1!

なので2500ペソ出したデポジットから2170ペソも戻ってきました。

 

ところで窓を開けたままで過ごすと、1階のプールの横には

非常に大きな木があるので蚊がたくさん入ってきます。

電気蚊取り線香を持って来れば良かったと思いました。

必ず持って来るべきものの一つに、私は電気蚊取り線香をお勧めしたいです!!

また、学生寮の中に時々トカゲが入ってきます。

私が学校に入学した1週目に手のひらより少し小さいトカゲが入ってきて、

怖くて悲鳴をあげたら出て行きましたが、捕まえるのも難しいです。

本当に速いんです!

そこでトカゲを検索してみると、フィリピンではトカゲが部屋に

入ってくることはよくあることで、幸運とされているそうです。

なぜなら、トカゲが虫を食べてくれて、人間に有害な存在ではないからです。

最初はトカゲが本当に怖かったのですが、今は入って来ても気になりません。

そして2日に1回ずつ、清掃のおばさんが部屋を掃除してくれて、

トイレから部屋の床、布団まできれいにしてくれるので部屋が汚れる心配はしなくても大丈夫です。

おばさん1人で3,4,5階の全てを掃除してくれていて、私はとても感謝しています。

そして、毎月3週目の土曜日は、午前10時から午後2時まで

害虫駆除をするので寮に入れません。

でも、売店で時間を過ごしたり、近くのSMモールや

アヤラに行って昼食を食べて休んで戻れば大丈夫です。

フィリピン留学 後編はこちら