フィリピン留学 オーダーメイドプログラムで、英語の上達をしよう​!

フィリピン留学 オーダーメイドプログラムで、英語の上達をしよう​!

フィリピン留学
英国やカナダなどの英語圏への留学は、費用の割りに上達しない?

英語圏への留学


米国、英国、オーストラリア、カナダなどの英語圏に留学した人の感想をみると、

投資した費用に比べてあまり英語が上達しなかったという方を見かけます。

ネイティブの国で高い費用をかけて、有名校に通って勉強したのにどうしてでしょう?

なぜ留学の効果が感じられないのでしょうか?

その理由は、授業形態とプログラムにあります。

カナダへ留学を7ヵ月経験したLさんは、高い費用をかけて留学に行ったにもかかわらず、

本人の英語の実力について満足していないそうです。

1クラスに12人~15人の生徒たちと授業を英語で聞いて、話すという

慣れない状態でのグループ授業であったため、

理解できず聞き逃している部分も多かったと言いいます。

質問するのも難しく、留学開始から約3ヵ月の時間を無駄にしてしまったとのことです。

3ヵ月以降、徐々に慣れて少しずつ授業についていけるようになりましたが、

本人が希望する専門的な分野の授業は少なく、

また100%理解していない部分も多く希望する目標に到達しなかったそうです。

もちろん全員がこのような失敗を経験するものではありません。

しかし、多くの英語圏に留学した人たちは、このことに共感をするでしょう。

なぜならば、英語圏へ留学した誰もが最初に体験することだからです。


フィリピン留学


フィリピン留学
フィリピン留学では、安い費用でマンツーマンの英語レッスンが可能。

このような英語圏の授業形態とプログラムを補完したのが、

フィリピンの語学学校の授業です。

フィリピン留学は失敗する可能性が少ないその理由は、

ひたすら英語学習にフォーカスをあてた授業形態とプログラムのためです。

留学に行く学生の目的、留学期間、英語力などは様々ですが、

フィリピン留学では本人の目的に合う学習スタイルを提供してくれ、

多くの時間を授業に費やすことができるために、フィリピン留学の満足度は高いのです。

英語圏に留学する場合と比べて、安い費用でマンツーマンの授業と小規模グループの授業を

1日6時間~12時間受けられることが、満足度の高い理由でしょう。


フィリピン留学、オーダーメイドプログラムを探す!
私に向いているプログラムは何でしょう?


フィリピン留学
フィリピン留学では、多くの学校でさまざまなコースが用意されています。

 

Q. 就職先でビジネス英語が必要になったビジネスマン には?

A. CELC語学学校のビジネス英語コース

短期留学が可能 な方におすすめのビジネスコース

1日の授業:ビジネスマンツーマン授業 4時間 + ビジネスグループ授業 4時間 + 

スペシャルクラス 2時間 (スピーキング中心の授業)  1日 合計 10時間のスパルタ式集中授業

短期留学をする時間があり、検討されている方ならばフィリピン留学をおすすめします。

フィリピン留学は事前手続きに要する期間が短いです。

観光ビザで入国して、留学期間に合わせてビザの延長が可能です。(延長は1ヶ月単位)

複雑な手続きを必要とせず、時間ができたらすぐ留学に行くことができます。

また地理的にも日本から約5時間以内と近く、またLCCが日本から通っているので、

他の留学先までの航空券代金と比べると格段に安いです。

そのため、長期留学に行くことができないサラリーマンや、

休みの期間を利用して英語力を上げたい学生の場合、

フィリピン留学を通じてわずかの期間で集中的に勉強ができ、

低コストで英語力の向上が期待できます。

最近はこのような長所のために、短期間で英語力をあげて、

再就職する方、もしくは休職してフィリピン留学に来るサラリーマンが増えています。

Q. 英語力が必要な就活生(休学中)には?

A. TALK語学学校のTOEIC集中プログラム/TOEIC数保障プログラムコース

就活にTOEIC / TOEIC S&W / TOEFLのハイスコアが必要な方のための学習コース

1日の授業:TOEICマンツーマン授業  6時間 + TOEIC単語試験 1時間

 + 模擬TOEIC試験 2時間 (毎日)  1日 合計 9時間のスパルタ式集中授業 

​就職で必要とされる、TOEIC、TOEIC S&W、 TOEFL。

就活をひかえた学生の英語力を高めます。

初心者向けの留学先として人気であったフィリピン、

現在は特化された学習プログラムのおかげで、

長期留学の人たちも訪れる地域となりました。

その理由は、フィリピンでもTOEIC、TOEIC S&W 、TOEFLのような

高難度な英語試験の勉強ができるからです。

本人が希望する英語の分野を、マンツーマン授業とグループの授業を通じて

本人のレベルに沿って集中的に勉強し、模擬テストを通じて

スコアをアップさせるプログラムです。

日本でで毎日2~3時間ずつ英会話スクールにを通うことと比較すると、

フィリピン留学プログラムは1日9時間以上の集中的な勉強とマンツーマンの学習により、

日本よりも短期間でハイスコアが取れるようになっています。

保障プログラムとは、一定期間の語学学校で勉強したにもかかわらず、

自分が望んでいたスコアが出ない場合、点数獲得まで無料で

授業を提供してもらえるプログラムです。

ただし、出席率、テスト、規律などを破らないでちゃんと勉強をしていた生徒に限ります。

このような、厳格な規律の中で目標を立てて勉強し、

さらに点数も保障してもらえるため、人気のあるプログラムです。

Q. 英語学習初期段階の英語恐怖症克服 のためには?

A. JIC語学学校のスーパーベーシックESL (英語の初歩脱出) コース

​英語に対する自信を持つ、英会話-スピーキング勉強が目的のコース

1日の授業:単語 / 文法 / パターン / 会話 マンツーマン授業 5時間

+ 会話 / ESL選択グループの授業 2時間

+スペシャル (S / L / W / R)グループの授業 1時間 1日 合計 8時間のスパルタ式集中授業

フィリピン留学を通じて最も大きな効果と呼ばれるものは、

英語恐怖症克服と英会話の自信向上です。

1日最大3~6時間のマンツーマン授業を通じて、本人見合った授業

することができ、本人が足りない部分に対する集中的な学習をします。

また、多くの人々の前で英語の発表をするのではなく、

先生と2人だけで授業をしてみると、自ら話す機会が多くなり、

特に英会話 / スピーキングの勉強に最適なプログラムを備えています。

また、フィリピンでは周りに流暢な英語を喋る大学生や、住民たちと

触れあうことができ、日本人にとても好意的であるため、

彼らと交流しながら生活の中でも英語を使用して自信がつくようになります。

Q. 英語圏の留学準備、大学進学/オーストラリアへの2カ国留学のためには?

A. English Fella語学学校のIELTS集中プログラム 保証プログラム

IELTS公認試高得点必要な人のためのコース

1日の授業:IELS (Writing、Reading、Listening、Speaking) マンツーマン授業 4時間

 + IELSグループの授業 2時間 + BBCグループの授業 1時間 + プレミアムクラス 1時間

 + 義務自習学習および毎日単語テスト 2時間  1日 合計 10時間のスパルタ式集中授業

​英語力のない人がむやみに英語圏に留学して、

外国生活や勉強に適応できない事例は多々あります。

そして再び、フィリピン語学留学へ来られる生徒が増えています。

フィリピン留学の長所は、英会話に対する自信がつくこと。

そこでグループ授業を理解できるほどの実力を積んでから、

英語圏に留学するのは非常に効率的な方法でしょう。

また、英語圏の大学へ進学/移住をするためには、英語テストの一定スコアが必要ですが、

そのスコアをとるためにフィリピン留学をする方たちも非常に多く、

その例がIELSの点数を獲得して大学進学や移民を希望する方です。

IELSは英国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランドなどの公認英語試験です。

移住、留学にをする学生はアイエルチュ試験を受けなければなりません。

英語圏でもIELSの勉強はできますが、学費だけでなく生活費も高く

1日の授業も最大で5時間程度です。

そのためハイスコア獲得のために多くの費用、努力が必要です。

フィリピン留学の場合、英語圏と違い、語学学校では1日6~10時間の授業をします。

寮が併設されているので通学時間もかからないし、食事の用意、掃除や洗濯等の

身の回りのことはしなくていいので、ひたすら英語の勉強にだけ没頭できます。

また、費用も安いです。

Q. オーストラリアやカナダへのワーキングホリデー準備 のためには?

A. PHIL-ACE語学学校のワーキングホリデーコース

実用的な英語と履歴書作成、英語での面接の準備が必要な方のためのコース

1日の授業:ワーキングホリデー準備 (履歴書作成 / スピーキング / 日常英語)

マンツーマン授業 3時間 + グループ授業 4時間 + スピーキング学習 1時間

+ 夜間無料授業 (発音 / 読解 / ポップソング) 1時間 

1日 合計 9時間のスパルタ式集中授業

英語圏への留学のほかにもワーキングホリデーという選択肢が、日本の若者にはあります。

特にオーストラリアやカナダがワーキングホリデーを

するのに一番簡単で、最も多くの人がされています。

しかし、英語圏の国で英語力と仕事を同時に手にする

という人たちの夢はしばしば失敗に終わっています。

彼らの失敗の一番大きな要因は、英語力のなさです。

英語力の低さのため、英語を一切使用しない業種や、時給が非常に低い仕事で

苦労して働き、英語の勉強どころか心身ともに疲れ果ててしまう場合が多いです。

フィリピン留学プログラムには、ワーホリに行く学生のために

ワーキングホリデープログラムが用意されています。

ワーキングホリデープログラムでは、日常英語を重点的に勉強することで、

生きた英語を学習し、履歴書作成、英語での模擬面接を通じて、オーストラリアや

カナダでのワーキングホリデーを成功させることができるようにします。

Q. バケーションと英語の勉強を一緒にしたい方には?

A. MK語学学校のベーシックコース

英語の学習と余暇をを楽しむためのコース

1日の授業:ESL マンツーマン授業 3時間 + 会話中心 1:2授業 1時間

 + ESLグループの授業 2時間 1日 合計 6時間の授業

フィリピン留学で、疲れた心と体を癒し、

英語まで上達することができるというメリットも持っています。

7,000余りの島で構成されている国、フィリピンの各地域ごとの文化を体験して、

美しい海と広大な自然を感じることができます。

平日にはスケジュール通りに英語の学習をして、

余暇の時間や週末を利用してフィリピンの美しい海で

マリンアクティビティを楽しんだり、世界遺産を訪れることができるため一石二鳥です。


フィリピン留学を成功させるために最も重要なことは?


フィリピン留学
フィリピン留学を成功させるのも失敗で終わらせるのもあなた次第!

効率的に勉強してフィリピン留学を成功させるには、

何よりも自分に向いている学校、コースを選択することが重要です。

そしてオーダーメイドプログラムを選択することは、簡単なことではありません。

私に向いているプログラムを選択するためには、 フィリピン留学に詳しい人に必ず一度は相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください