AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 スピーキング中心の語学学校

 

 

フィリピン留学
フィリピンの語学学校最大の特徴は、マンツーマンレッスンが多いこと!

 


フィリピンの語学学校は1:1の授業が多い!


フィリピンにあるスピーキング中心の語学学校は、 1 : 1の授業が多い学校と、

スピーキングプログラムを進行する学校と2種類あります。

 

フィリピン留学
フィリピンの語学学校では、1:1の授業と1:4〜8の少人数グループの授業があります。

 

1 : 1の授業が多い語学学校とは、一日の授業が 1: 1の授業と

小グループ( 1: 4 ~ 1 : 8 )授業で行われることを意味します。

1: 1の授業時間をとることができない学校に比べると、

多くの時間を会話に費やすことができるので、スピーキング中心の授業を行うことができます。

フィリピンにある語学学校の1: 1授業の平均時間は3~ 4時間程度であり、

1 : 1の授業が4時間以上受けることができる学校ならば、

他の学校に比べて1: 1の授業時間が多いところだといえます。

 


特別なスピーキングプログラム


そしてスピーキングプログラムを進行する学校では、

OPIC 、 TOEIC SPEAKINGなどの特別スピーキングプログラムを行いながら、

一般的なプロセスとは異なるスピーキングパートに重点を置き、

勉強できるプログラムを聞くことができます。

語学学校の中には、スピーキングプログラム中心の学校がありますが、

今までのプログラムが廃止されたり、新しいプログラムが採用されたりするので、

詳細な情報は、あなたの留学予定期間のプログラムを

学校の留学カウンセラーにたずねると良いでしょう。

 


フィリピン留学 語学学校の特徴


フィリピン留学の特徴を申し上げますと、殆どの語学学校において、

すべてのクラスにスピーキングを重視しています。

英語の基本となる4つの領域である

スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングを授業で行いますが、

リーディング:理解した内容を要約しながら先生に説明し、主題について意見を交わします。

リスニング:質問を聞いて問題に対する答えをチェックをしながら、

理解した内容について意見を交わします。

ライティング:テーマに合わせて文を作り、間違った部分のチェックの後、

わからない部分は英語で先生に質問をします。

つまり、すべてのパートにおいて英語で話す必要があるので、

事実上スピーキングはすべての領域に絡んできます。

 

フィリピン留学は1 : 1の授業が多いので、すべての授業中において

英語で意思を伝えなければならないため、他の留学先と比べて

スピーキングの機会が2〜3倍多くあります。

特にグループ授業よりも、1 : 1の授業により多くの時間を費やすので、

英語を話すことに慣れていない日本の学生さんも、無理なくスピーキングになれることができます。

また、授業中すぐに先生から指摘を受けることが可能であり、

授業時間も他の留学先と比べて2倍以上が多いです。

その中で3 ~ 4時間が1 : 1の授業なので、集中力を維持することができます。

したがって、多くのフィリピン留学をされた方はスピーキングの実力が向上しています。

 

スピーキング中心の学校を探しているなら、 1: 1の授業時間が多く、

スピーキング集中コースがある学校をおすすめします。