AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 フィリピンは治安が悪い?

気候は? 現地での生活について

 

 

フィリピン留学
フィリピンに対してどのようなイメージをお持ちですか?

 

前回は、語学学校に関するご質問にお答えさせていただきました。

前回の記事はこちら⇒フィリピン留学 語学学校に関するよくある質問

今回は現地情報に関するご質問にお答えします!


フィリピンの治安は安全ですか?


フィリピンは気をつけていれば、安全な国です。

合法的に銃の所持が可能な国ですが、だからといって

すべての人々が銃を所持することができるというわけではありません。

警察、軍人、警備員(ガード)のほか、一般人は前科がない、

かつ事前に講習を受けた方のみ、銃を所持できるようになります。

また一般人の場合は、銃の所持が可能なスペースも限られており、空港、官公庁、

レストラン、バー、銀行などの一般的な空間では、銃の所有は違法行為となります。

そして、実際のフィリピン人は銃を購入するだけの経済的レベルが高くなく、

銃を所持していても銃よりも弾丸の価格が高いので

一般的にフィリピンの地元の人は、銃を所持している場合が非常に珍しいです。

またフィリピンでは、銃器の所持が可能なため、むしろほとんどのお店や

人が集まるところは、警察や警備員(ガード)がいます。

語学学校にもガードが常にいるので、学校生活は安全です。

フィリピンへ旅行や留学をしたほとんどの人々は、危険を感じたことがないと言います。

しかし、フィリピンでは拉致、強姦、スリなどの犯罪を時折ニュースで耳にします。

しかしこれはどの国にもいえますが、100 %安全な場所は、この世のどこにでもありません。

ただし犯罪にまきこまれないように、気をつけることが最も重要な部分です。

 

フィリピン留学
フィリピンは合法的に銃の所持が可能な国ですが、すべての人々が銃を所持することができるというわけではありません。

 

 

 

安全なフィリピン生活を送るために、下記に注意点を申し上げます。

1.フィリピン人の脅威が向く、危険な行動を控えましょう。

2.危険な地域、または禁止地域には行くのは控えましょう。

3.夜遅く一人で歩き回ったり、過度に酔った状態で歩かない。

4.タクシーに乗る時には、常に小銭を準備しましょう​​。

5.ホームレスやストリートチルドレンには気をつけましょう。

6.賭け事や麻薬に陥らないように気をつけましょう。

7.大きなかばんや高価な物を持ち歩かないようにしましょう。

8.露出が激しい服を着ないようにしましょう。

 

これらの基本的なことを守りながら、

フィリピンで安全かつ快適に過ごし、良い思い出だけ持って帰りましょう。


フィリピンの天気は?


 

フィリピン留学
フィリピン留学では週末に、マリンアクティビティが楽しめるのも魅力!

 

 フィリピンの気候は、1年を通して気温が高い

熱帯モンスーン地域であり、日本の真夏日に相当します。

そして、日本が緯度37度線上に位置するのに対し、

フィリピンは赤道に近い緯度618度の線上に位置しており、

モンスーンの影響により大きく、乾季・雨季の2つの季節に分かれています。

天候は地域によって変化があるため、特定の地域の場合、

1年間を通して秋の天気が続くこともあります。

11月~2月までは、弱い北東モンスーンの影響で、たまに雨が降り

暑すぎることもなく、乾燥した天候が続きます。

6月~10月までは、南西モンスーンの影響で雨が多く降ります。

3月~5月までは、東から吹く北太平洋貿易風の影響で非常に暑く、とても乾燥します。

 

もう少し具体的に説明します。

① ベストシーズンは、日本の冬にあたる時期です。

11月~2月は乾季に当たり、比較的気温が低く、雨が少ないです。

このような傾向は、マニラを含むルソン島北西部で著しく表れ、

この時期には、日本の初秋の気候のように、朝と夕方に涼しい風が吹きます。

気温が低くても、昼間はTシャツ1枚で十分ですが、夜には少し涼しくなるので、

薄手の長袖の服を持って行くことをおススメします。

 

② 35月の、日本では春に該当する時期に、

フィリピンでは、早めの夏が訪れます。

1年を通して最も暑い時期は特に5月で、

猛暑の日中には温度が3540度にまで昇ります。

夜もあまり気温は下がらず、通常25度程度ですが

乾季にあたるので、そこまで蒸し暑さは感じられません。

 

③ 1年の半分程度が雨季にあたります。

通常5月に夏が終わり611月の間は、6月から雨季に入ります。

しかし、最近は異常気象のせいもあり、

雨季の始まりが遅れる傾向も見られています。

雨は一瞬降ったと思ったらすぐに止むスコールの傾向が多いので、

通常は傘は必要なく、外でスコールにあったときは、

しばらく雨宿りをしたら雨が止みますが、時々小雨が続くこともあります。

フィリピンは雨季の時、地域によっては台風の被害を受けることもあります。

セブ地域で発生する台風はほとんど弱い勢力の台風であるため、

日本の台風のシーズンに比べると被害はほとんど少ないです。

数年前、東南アジア全域を焦土化させた津波の事態にも、全く被害がありませんでした。

 

そして、フィリピンの都市ごとに、少しずつ天気の違いがあります。

フィリピンの主要留学都市、マニラ、セブ、バギオ、スービック、

クラーク、イロイロ、ダバオを比べると、

 

マニラ:年間平均気温2728

スービック・クラーク:年間平均気温26

セブ:年間平均気温2829

イロイロ:年間平均気温2829

ダバオ:年間平均気温2829

バギオ:年間平均気温1920度、日本の秋の気候です。湿度が高い地域でもあります。

 

マニラ、スービック、クラーク、セブ、イロイロ、ダバオ地域の場合、

フィリピンの一般的な気候と変わらず、バギオ地域の場合には、

他の地域に比べて気温が下がり、1年中初秋の天気であるのが特徴です。

留学地域によって語学学校もそれぞれの特徴を持っているので、

フィリピン留学を希望されている方は、語学留学を決める際に

留学地域も検討することをおススメします。

フィリピンは1年中夏の気候ですが、授業を行う教室にはエアコンがあり、

寮でもエアコンの使用が可能なので、夏の気温といっても

それほど心配する必要はありません。

フィルジャは、マニラ、セブ、イロイロ、バギオ、

ボラカイ地域に現地オフィスを設けて、フィリピンの気候と

現地情報について最新の情報をお届けしています。

 


フィリピンでの週末のすごし方は?


フィリピンの語学学校は、授業が平日なので

週末は個人の自由でレジャーを楽しむことができます。

 

フィリピン留学
7000以上の島からなるフィリピンでは、様々なマリンスポーツが楽しめます。

 

ほとんどの学生は、各地域ごとに有名な観光地へ旅行に行ったり、

スキューバダイビングやゴルフなどのスポーツをしたり、

ショッピングモールに行き、おいしい食べ物を食べて買い物をしたりします。

旅行

フィリピンはマニラ、セブなどの大都市を含む、

世界的も非常に有名な観光地が多い国です。

特にボラカイやミンドロ島は、休暇や新婚旅行で行く観光地です。

加えて、フィリピンの美しい自然景観のためにパラワン 、

ボホール 、マラパスクア島などの有名な観光地が多いですが、

日本からなら最低10万円以上の費用がかかります。

フィリピンから旅行に行けば、1泊2日の旅が通常5000〜 10000円くらいで

可能ですので、フィリピンに留学する方は、

週末を利用してリーズナブルにたくさん旅行をします。

 

マリンスポーツ

フィリピンは 7107 個の島からなる国であるため、

フィリピンのどの地域に旅行に行っても、マリンスポーツをすることができます。

日本では限られたところでのみできるスキューバダイビングは、

学生に特に人気が高く、実際フィリピンで資格を取って帰られる生徒も多いです。

スキューバダイビングの資格を取得するのに

20000〜 25000円程度のコストしかかかりません。

 

ショッピングモール

 

フィリピン留学
フィリピンでは有名なアヤラショッピングモールのレストランエリア。

 

まずショッピングモールとは日本のデパートのようなものですが、

アーケード内にすべてが集合している、ショッピングエリアと考えていいでしょう。

すべてとは、デパートのように建物内にショップがあり、

その他にもたくさんの種類のレジャー施設なども入っています。

外貨両替、スーパーマーケット、レストラン、コーヒーショップ、

映画館、ファーストフード店、ゲームセンター、ボーリング場、ギフトショップ、

書店、旅行代理店、航空会社などの多くの店があり、

日常生活に関連するすべてのものが購入可能で、さらに楽しむこともできます。

また、ショッピングモール内部は一日中エアコンが効いているので、

週末に学生がショッピングモールで一日中過ごす場合も多く見かけます。

 

映画

フィリピンでハリウッド映画も字幕なしですが観ることができ、コストも安いです。

映画のチケットを一度購入すれば、同じ映画は映画館を出ない以上、

何度も繰り返し見ることができるので、楽しみながら英語の勉強ができます。

そのため、フィリピン留学中の週末に映画館に行き、

自分の英語力がどの程度上がったのか、確認しにいく学生さんも多いようです。

字幕がない映画を見ながらどの程度理解できるか確認し、

英語の上達を目指しましょう。

 

マッサージ

 

フィリピン留学
フィリピンには多くのスパやマッサージ店があります。

 

長時間の勉強で疲れた体を癒すため、週末を利用して

マッサージに行く学生も多いです。

フィリピンでは400 〜 500ペソ(約 1000 〜 1300円)程度の費用で

全身マッサージを受けることができるので、

体力回復と同時に体調管理も一緒にすることができます。

 

フィルジャ イベントデー

フィルジャでは、毎週行われるイベントを通じて、

フィルジャ学生と一緒に旅行に行ったりアクティブ活動をします。

学生と一緒に楽しい週末活動をすることができることに加え、

フィルジャの長年の経験を介して様々な週末の

アクティビティを低コストで楽しむことができます。

フィルジャのイベントに参加すれば、

きっとより楽しい週末を過ごすことができますよ!