フィリピン短期留学 短期間の語学留学を成功させるコツ!

フィリピン短期留学 短期間の語学留学を成功させるコツ!


短期語学留学 最大の効果を得るために最適な方法は?


フィリピン留学

フィリピンへの短期語学留学に行ったら、効果を出すためには???

最近では、英語が選択ではなく必須になり、

就職のためにも多くの努力が必要な時代になりました。

以前は、夏休み期間はバイトもして、旅行などをしながら、

自由な時間を過ごしていましたが、現在の大学生たちは、就職活動に追われ

休みの期間中にも経験や能力を培うために絶えず努力をしています。

経験や能力を培うためには様々な方法がありますが、

その中でも最も代表的な方法が、「語学留学」に行くことです。

そして、必ず長期語学留学でなくても夏休み期間になると、どの国も関係なく

短期留学をするために来た学生たちで語学学校が賑わっています。

短期語学留学を計画していますか?

短期語学留学に行ったら、効果があるかどうか?

どこに行こうか?費用はいくらかかるのか?など・・・

短期語学留学に関する疑問に、1つずつお答えしていきます。


短期語学留学はどの国でするのがいいでしょうか?


フィリピン留学
語学留学を考えたときに、留学先の選択肢はいくつかあります。

学校の夏休みのような短い期間に短期語学留学をして

果たして効果があるだろうか?と考える方がいます。

もちろん、短期語学留学でも効果はあります!!

しかし、語学留学の効果は、勉強方法、

本人の努力など様々な状況によって差があります。

短期語学留学で、効果を得ることのできるノウハウについて詳しく説明します。

当然ながら、短期語学留学で最大の効果を得るためには、語学留学国の選択において、

短期間に多くの時間を英語学習に費やして、英語をたくさん練習できる

時間が与えられる留学地を選択することが望ましいです。

英語留学が可能な代表的な国は、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア

ニュージーランド・フィリピンなど、いろんな国がありますが、

これらの国々が英語を教える方法には違いがあります。

フィリピンと他の英語圏の国は、授業時間、カリキュラム

生活的な部分などすべての面で多くの違いがあります。

なぜフィリピン?

フィリピンは日本より後進国ですが危険じゃないですか?

または、英語が母国語でないのに大丈夫なのだろうか? という悩みを

多くの人々が1度は感じても、短期間で英語を勉強するのに最も効果的な

国を選択するとなると、フィリピンを選択することになります。

その理由は、フィリピンは他の英語圏の国に比べて1日に勉強する授業時間も多く、

マンツーマン授業も通常4~6時間まで受講が可能なため、

ひとりひとりが英語を勉強できる機会が、英語圏の国よりはるかにあるためです。

そしてさらに、フィリピンではマンツーマン授業時間に本人が勉強したい箇所、

不十分だと感じるところについて勉強できるということも、

短期間の留学を考えている人にとって、大きなメリットになります。

また、フィリピン留学は、ほとんど寮生活を原則としており、その寮は、

語学学校の建物と同じ建物を使用しているので、寮と学校が一体型と言えます。

移動の不便さもなく、さらに寮の費用の中には、

食事・掃除・洗濯の全てが含まれていることから、

生活面に気を遣わず、勉強のみに専念することができます。

このような一体型スタイルは、英語圏の国のように

ホームステイで学校に通うよりも安全だと思います。

さらに、寮は語学学校が雇っているガードマンたちが常に警備しています。

したがって、フィリピン留学が最も良い留学国というよりは、

短期語学留学を考えたときに最適な留学地であるといえます。

そのため、短期語学留学を考えている方々に対して、

フィリピンでの短期留学をオススメしています。

もちろん、語学留学に行く方の英語の実力が上級以上なら

状況が変わる可能性もありますが、今までに短期語学留学のための相談を受けた、

ほとんどの学生が英語の実力は初中級でした。

もし、自分の英語の実力が上級以上だと感じれば、

短期語学留学も英語圏の国を検討してみるのが良いと思います。


フィリピン短期語学留学 どれほどの効果があるか?


短期語学留学の計画を立てたら、フィリピン短期語学留学には

どんな効果があるのか?と気になります。

短期語学留学の効果は、個々の努力によって差がありますが、

スピーキング力は確かに向上させることができます。

例えば、フィリピンに行く前に、外国人に何かを聞かれても、

文章力がない、単語と単語で中途半端に答えることしかできなかったとしたら、

フィリピンの短期語学留学後には、外国人に声をかけられても、

動揺せず、文章を言葉にしながら簡単な対話ができるようにまでなります。

フィリピン語学留学に行っている方のほとんどが、

英語の実力が中級以下、または初級レベルが多いです。

フィリピンのどこの語学学校を問わず、約50~70%以上が

TOEIC500点以下の生徒たちであり、

残りの20~30%程度の学生たちが中級または上級の実力を持っています。

そして、5~10%程度の学生がTOEIC800点以上で、英語の実力が高い生徒です。

そして、英語の実力に関係なく、フィリピンに来るすべての学生に

最も確実に共通している点が、自分の知っている語彙力や実力よりも、

スピーキングの実力が良くないということです。

つまり、英語の実力は初級レベルの学生方も日常生活では、

相手が何を言っているかある程度理解できますが、

流暢な対話には対応できず、中級の実力を持った学生たちは、

新聞記事の一節を見ると、意味を理解できるのにもかかわらず、

同じ内容でプレゼンテーションを行うのは不可能です。

しかし、フィリピン留学で、2~3ヶ月程度の短期語学留学であったとしても、多くの

語彙を学ぶのはもちろん、自分の語彙力を実践的に十分活用できる実力になります。

もちろん、熱心に勉強する必要はありますが。

そのため、フィリピンで短期語学留学をしても、自分の語彙力をベースに、

スピーキングの実力を引き出すことに効果が期待できます。


フィリピン短期語学留学で効果的なプログラムを調べる


フィリピン留学
短期間のフィリピン留学の際に、選択すべきプログラムとは?

フィリピン短期語学留学をより効果的に進めるためには、

どんなプログラムを選択すればいいのでしょうか?

短期語学留学で選択すると良い、フィリピン語学留学のプログラムをご紹介します。

短期語学留学はスパルタで勉強すること

フィリピン語学留学には、他の英語圏留学国にはない

「スパルタ」という授業方式があります。

この授業方式は、1日に、義務的に行わなければならない授業が

計8時間~10時間程度あり、学校によっては毎日単語・語彙テストが行われます。

そして、平日は外出が禁止されており、週末のみ外出が可能です。

そのため、一生懸命勉強するしかない環境が整い、短期語学留学には、

勉強に集中できるところが英語の実力を身に付けるために、とても効率的です。

もし、スパルタ方式が負担になりそうだと感じれば、

スパルタ式よりは厳しくないセミスパルタプログラムを選択することもできます。

スピーキング中心の授業が行われているところで勉強すること

フィリピンは、いずれの学校も会話力向上のための授業プログラムが

組まれているといいますが、語学学校には教え方、カリキュラムなどに差があります。

短期間に最も向上させなければならない部分は、何よりもスピーキングの実力なので、

全ての授業が会話に合わせて行われるように組まれたものを選ぶのが良いです。

スピーキング中心の授業とはいっても、1日中スピーキングをするわけではありません。

スピーキング中心の授業というのは、スピーキング力の向上のために文法、

リスニング、リーディングなどの英語に必要な勉強が全体的に連携して行われます。

英語の使用が義務化されている語学学校で勉強すること

フィリピンはマンツーマン授業を中心に授業が行われ、1日の授業量が多いため、

日本の学生同士が集まって遊ぶ時間は多くはありませんが、

英語の使用が義務付けられている語学学校をオススメするのは、

短期間の留学であるため、一言でも多く英語を使用しようと

努力すると、期待以上に実力が向上するためです。

しかし、英語の使用が義務付けられている語学学校はたくさんありますが、

実際にそれが守られている語学学校は多くありません。

語学学校ごとに、英語の使用義務がどう行われているか、

私たちはフィリピン現地事務所を通して把握しています。


短期語学留学に適した優秀な語学学校


フィリピン留学
CELC語学学校の校舎内には、いたるとことにENGLISH ONLY ZONEがあります。

〈CELC語学学校〉

CELC語学学校は、他の語学学校とは異なる独特のカリキュラムに、

フィリピンで初のスピーキングスパルタ“Only English Zone”ルールを設けて、

日頃消極的であったり、英語で意思疎通が難しかった学生たちも、

短い期間にスピーキングの実力が向上できるような環境を整えています。

〈JIC語学学校〉

セブJIC語学学校は、単独型の寮で、綺麗で快適な環境が整っており、

学習環境に最適なだけでなく、防犯カメラの設置と24時間警備に守られていて安全です。

また、徒歩7分以内にSMモールがあり、銀行、

ショッピングモール、大学施設などの利用が可能です。

英語の実力は、一晩で、または短期間にガラッと良くなるのではありませんが、

少しずつ努力をすれば、その努力が重なって力になります。

そして勉強というものは、いつも長い時間を投資できるような時間的な

余裕があるわけではないため、短い時間を投資してどれだけ集中して

努力するのかも重要な部分です。

短期語学留学で、英語の実力向上を期待せず留学を始めた学生は、

留学期間を無駄にする場合が多いです。

後から考えると、その短い期間も惜しいことだったと後悔が残ります。

そのため、長期留学に行く時間的余裕がなければ、

余裕があるときに少しずつ短期的に英語の勉強に投資することをオススメします。


誰も知らない授業効果を二倍にする秘策


フィリピン留学は1990年代半ば、フィリピンの下宿に家庭教師を呼んで

マンツーマンの授業をしたことから始まりました。

その後2000年に入り、フィリピン留学はマンツーマン授業だけで構成され、

ついにはマンツーマン授業が当たり前のように考えられるようになりました。

また、フィリピン留学はマンツーマン授業を重点とするものの、

マンツーマン授業で習った内容を活用できるグループの授業も行われています。

マンツーマン授業の短所を補うためにグループの授業も一緒に受講します。

フィリピン留学は多くの長所を持っていますが、すべての人たちが

留学を成功させているのではありません。

同じ期間を同じ学校で、同じプログラムで勉強したとしても結果には差があります。

理由は、フィリピン留学を成功するためのポイントを知らなかったからです。

フィリピン現地で直接学生たちから情報を集め、フィードバックして作られたという

伝説の方法、「フィリピン留学!こうやって勉強すれば200%成功する」を

公開いたします。

フィリピン留学のマンツーマン授業は私たちが日本の学校で習った英語を、

実生活で使用できように最適化された授業です。

それなら、フィリピン留学で最高の効果を見るためにマンツーマン授業を

どのように活用すればいいのでしょうか。

何よりも毎日学校から与えられた、正規授業に必ず参加するのが基本です。

特にマンツーマン授業で先生の話をよく聞いて、

予習、復習、宿題を一生懸命すればいいのです。

しかし、予習復習、宿題をしていても、勉強になっているかどうか

分からないときもあれば、スランプの時もあります。

しかし!!!

下記の方法を使うと、スランプなしにいつでもしっかり勉強できるので

100%成功を保障します!

その1 筆記

マンツーマン授業の時間に起きるすべての会話を、

授業時間内にすべて書き出してください。

自分が表現しようとした文章が間違って言ったら、それをすぐ直してほしいと言い、

反対に本人の表現した文章があっているかも先生にその場で確認してもらいます。

授業時間に本人が言った部分と先生が言った部分を書いていると、授業が進まない

こともあるので、録音して放課後を聞いて書きだしても良いです。

それでは、その日のマンツーマン授業中に話した内容を書いていればいいの?

その2 暗記

マンツーマン授業が2時間だったら、内容を書き取るのに3時間以上かかることもあります。

A4用紙では、びっしりと3~4枚にもなります。

3時間かけて書き出して満足してはいけません! これからが重要です。

英語は、何よりも反復学習が一番重要です。

ここから本格的な勉強が開始されます。

すぐ暗記すること! 最初は暗記することが本当に難しいです。

初日はやっとのことで文章3つを覚えることができるかどうか。

これを一月の間繰り返したらどんな変化があるでしょうか。

最初は知っていることより知らないことの方が多いので大変ですが、

授業中に質問して、先生が答える内容はほとんど似たり寄ったりです。

なので一ヶ月が過ぎて、二ヵ月が過ぎて時間が経つほど一般会話の時に、

全く問題がない会話力が本人が知らない間についています。

会話力が上がると、会話の時間に先生が教えてくれた表現を使用するよりも、

本に出てきた表現を覚えようとします。

一般会話の本にある表現は、私たちが生活の中で使う表現とは

かけ離れた表現がほとんどです。

日常生活で使用する表現がとても少ないのです。

一週間でやっと2つ文章を使うかどうかの表現です。

立派で完璧な文章でも自身でよく活用しなければ、その文章は意味がありません。

一方、授業時間に使用した表現は少なくとも一度以上、本人が使用した文章で、

先生が話した文章も本人の質問に対する答えであったり、本人にした質問です。

それで覚えるときは授業時間でこの文章を活用した状況を

思い出しながら覚えるので、容易に暗記できます。

最初は書き取って、絶対覚えなければなりません!!

このように筆記と暗記を土台にした反復学習を2-3ヶ月くらいしたら、

フィリピンの語学研修効果はあるでしょう。

自身の英語力は必ず上がるはずです。

そして上記で申し上げたようにマンツーマン授業にも短所があります。

マンツーマン授業だけに集中するのではなく、フィリピン留学の最大の強みである

マンツーマン授業を通じて培われた日常会話力を、グループの授業を通して

さらにより堅固にアップグレードさせてください。

勉強面を除いて注意しなければならない点、それは本人の生活的な面のコントロール!

「メンタル整理」は絶対必要です。

平日は勉強に集中して筆記と暗記を繰り返し、日常生活では直接英語を活用して報告、

そして週末はフィルジャで開かれるイベントに参加、ラウンジに訪問してストレス発散して

英語力向上はもちろん、多分2〜3ヵ月後日本に帰る本人の姿が多く変わってくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください