AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

私にあった語学学校選びは、まずフィリピン語学留学 地域の選択から

私にあった フィリピン語学留学 地域 選び―フィリピン各地域の特徴、お教えします。

-マニラ、セブ、ダバオ、バギオ、イロイ、バコロド、フィリピン地域について一緒に見てみましょう。


フィリピンは7,000以上の島々からなる国です。
その多くの島々の中で、 フィリピン語学留学 の 地域 として選択できる都市は

マニラ、セブ、ダバオ、バギオ、イロイロ、バコロドなどです。
マニラ、セブは大型都市であり、バギオ、イロイロ、ダバオ、バコロドは中型都市です。

他には、クラーク、スービック、タルラク、タガイタイが小都市として存在します。
フィリピン語学学校は、地域が変わると学習スタイルや学校の雰囲気も変わります。

 

多くの留学生が思い悩む フィリピン語学留学 のあれやこれや。

どこから手をつければいいのか分からないあなたが

まず、決めておくべきことは フィリピン語学留学 の 地域 です。

あなたに合った語学学校探しをするのに先立ち、

知っておいて欲しい、フィリピンの各地域の語学留学先の特徴をまとめてみました。

 

フィリピン留学
フィリピンは、地域によって雰囲気が異なります。

● フィリピン語学留学 地域  -マニラ留学

マニラはフィリピンの首都で、最も大きな都市です。

日本で言うと、東京のような存在です。
そのため多くの人が集まります。

優秀な人材も多く集まるため、講師の質も良いです。
マニラにはたくさんの施設があり、交通の便が良いので各地への移動も便利です。
また、他の地域に比べると、Wi-fiが強いです。

中小都市だと、Wi-fiが弱いところも多いです。

その反面、大都市だからこそさまざまな人が集まりますので、

事件や事故も、多い地域となってしまいます。
都市のため、物価も他の地域より高いです。

さらに、台風後の洪水など、災害が発生し易い地域でもあります。
都会暮らしが好きな方ならマニラはお勧めですが、
静かな環境で勉強に集中したい、という方には不向きです。

しかし、フィリピン語学留学が生まれた地域だけあって
以前より語学学校の数は少なくなってしまったとはいえ
積み上げられたノウハウと経験、作り上げられたシステムを持つ伝統校が
しっかりと残っているのがマニラです。

Click マニラの語学学校はこちら

● フィリピン語学留学 地域 -セブ留学

セブは、フィリピンの語学留学が最も盛んな都市です。
語学学校が一番多いのももちろん、セブ地域です。

セブは巨大ショッピングモールやビルが立ち並ぶ都市であり、
セブシティから車を少し走らせ、マクタン島まで行くと
常夏のアジアのリゾート地ならではの、綺麗なビーチも楽しめる土地です。

語学留学の地としてだけでなく、旅行地としても人気な都市だけに
多くの学生が集まり、そのことがさらに、セブに語学学校をたくさん作らせ
そして、また学生が集まり、また学校が増える…
このようにしてセブはフィリピンの中で一番、語学学校が多く
一番、語学留学の盛んな地域となりました。

フィリピン留学はそのままセブ留学と言えるほどです。

 

まず、語学学校が多いということは、カリキュラムや学校環境も様々となり

幅広いタイプの学生に適合し、

留学生に多くの選択肢を与えてくれるという、大きな魅力が生まれます。

 

そして、また学校が多いということは、学校間の競争がおきます。
各学校が切磋琢磨するため、講師の教育にも力が入り、質も良くなります。

さらにセブ留学の魅力は、水準の高い語学学校に通いながらも、
休日には、綺麗なビーチを楽しめるという点です。

ただし、フィリピン語学学校の中で、他の地域より語学留学費用が高く、物価も少し高めです。
治安はマニラほど悪くはないですが、事件に巻き込まれないよう当然、注意を払う必要があります。
しかし、この点を踏まえ、気をつけさえすれば、十分に快適な生活が送れます。

 

▶Click セブの語学学校はこちら

● フィリピン語学留学 地域  -ダバオ留学

ダバオはマニラ、セブに続く、第三の都市として知られています。
フィリピン南部の政治・経済・文化、の中心地と呼ばれていて、
東京23区の4倍ほどの面積と、フィリピンの都市では最も広いです。

ある程度の規模のある都市でありながら、マニラやセブほどの混雑感はなく、自然も多い都市です。
台風のルートから外れることが多く、雨が少ない為、フィリピンの中でも過ごしやすい気候です。
そのため近年は、大規模な観光開発も進んでおり、語学学校が増え始めています。

さらなる繁栄が期待される地域です。
都市の規模にあわせて、人口も大都市ほどではないので
小規模な学校経営をせざるを得ず、グループクラスを多様に組み立てられなかったり
同じクラスの中での、レベルの差が大きくなってしまうこともありますが
逆にアットホームで、学生一人一人に管理の目が行き届く

そういった語学学校が多い、というところがダバオという地域の利点です。

Click ダバオの語学学校はこちら

● フィリピン語学留学 地域 -バギオ留学

バギオは、勉強に集中できる環境が整っています。

バギオには直接、飛行機で行くことはできません。
マニラから、バスで6~7時間ほどかけていくことになります。
標高が高いためフィリピンとは思えない涼しい気候で、いわゆる避暑地です。

フィリピンの王族、富裕層がバギオに別荘を所有しています。
時期によっては、ダウンジャケットが必要なほど寒いときもあります。
周辺には娯楽が少ないため、誘惑に負けることなく、

高山地域の隔離された環境で、勉強に集中することができます。

そのためバギオには、フィリピン留学ならではの“スパルタスタイル”という

学習管理システムが生まれました。
スパルタスタイルは特に韓国人に好まれるため

韓国人に人気の地域で、韓国資本のスパルタスタイルの学校がたくさんあります。

 

確かにバギオには、長く運営を続けている語学学校が多いため、

建物が古くなっている、という短所があります。
また、高山地域なため他の地よりもWi-fiが弱いことがあります。

しかし、バギオはフィリピンの中でも全体的に治安がよく、

物価も安いため、節約留学をしたい方にお勧めです。

また、大学都市ですので、質のいい講師の確保も可能で
長く続いた学校が多いということは、逆に語学学校運営の経験も積み重ねており

カリキュラムの質も高く、独自の教材を持つ学校があったりと

各学校の英語教育の水準は大都市でないにもかかわらず
高いものとなっています。

 

▶Click バギオの語学学校はこちら

● フィリピン語学留学 地域 -イロイロ留学

イロイロは、マニラやセブから飛行機で1時間ほどの場所にあります。

イロイロは教育都市と呼ばれ大学がたくさんある地域です。
そのため積極的に行動すれば、フィリピンの英語力の高い大学生の友人を作り、
(フィリピンの大学は英語で授業が行われるので、大学生=英語力が高い、と言えます)
生きた英語を使う環境に身をおくことができる可能性のある地域です。

また、世界的なリゾート地であるボラカイと近いので、
勉強に集中しつつ、アクティビティでリフレッシュもできる地域です。

語学学校の選択肢は少ないですが、物価や学費が安いという大きなメリットがあります。
フィリピン留学の費用をおさえつつ、勉強やアクティビティを両立できるのがイロイロです。

 

Click イロイロの語学学校はこちら

 

● フィリピン語学留学 地域 -バコロド留学

バコロドは、フィリピンの中でも治安のいい地域のうちの1つです。
また、教育都市としても名高い地域です。

イロイロ同様、直行便がないため、マニラから飛行機を乗り換える必要があります。

バコロドの人たちは、1800年代から欧米人が流入したこともあり、
小さな都市である割に、外国人に慣れており、日本人である私たちにも親切です。
またフィリピンの他の地域よりも英語の発音がやわらかく、ネイティブに似ているといわれています。

フィリピン語学学校の選択肢が少なかったり、娯楽施設が少ないというデメリットはありますが、
ショッピングモールもありますし、基本的な生活に不便はありません。

物価も安いので、費用のこと、治安のことが気になる、

そして何より、勉強に集中したい方におすすめです。

 

▶Click バコロドの語学学校はこちら

いかがでしたでしょうか。
ここまで、6都市の特徴をまとめてみました。

地域を絞ることは、学校の選択肢を絞ることになり

語学学校探しをスムーズにさせる鍵となります。

 

それぞれの地域で長所、そして短所がありますので、

それらをよく考慮して
自分の目的と性格にあった地域を選んでください。

都市選びもフィリピン語学留学を成功させるための大事な一歩です。