英語語学留学 ―フィリピンなら、たった3ヶ月で英語力の最大効果が期待できる!

英語語学留学 ―フィリピンなら、たった3ヶ月で英語力の最大効果が期待できる!

最近、ますます需要が増しているフィリピン留学。

 

小学校から英語学習を開始しますが、実質的に日本は、英語を使う国ではないために、

習った英語を活用する機会が少なく、きちんとした英語学習を日本でするのは難しいです。

しかし、大学進学や就職では、高い英語の実力と会話力を求めているため、

大学進学を控えたり、就職準備を控え、20歳を超える大人になってから、

英語の勉強をしておけば良かったという後悔が押し寄せたりするものです。

遅れた後悔とともに、鈍くなった理解力で、日本で英会話スクールに通っても

全く効果がない現状に、最近、最も早く英語力を向上できる方法だと、

多くの学生たちが選択しているのがフィリピン留学です。

 


3ヶ月のフィリピン語学留学


フィリピン留学 3ヶ月という短期間でさらに大きな効果を得られるのか?

 

フィリピン語学留学は、すでに20年ほど前から始まり、

徐々に短期留学国として人気になっています。

それは、時間の節約とコスト削減のために、1番いい方法であるからです。

短期間でできるフィリピン語学留学、どの程度の期間が最も効果的でしょうか?

依然として人気があり、最も効果がある期間は、3か月のフィリピン留学です。

 

数十年やってもダメだった英語が、フィリピン語学留学の3ヶ月で効果が

見られるなんて信じられないかもしれませんが、確かに効果はあります。

 

フィリピン語学留学は、よく、英語力の初級者の方々が勉強に行けば、

効果が1番大きい語学留学国ですよね? と誤解される方が多いですが、

英語の実力によって、またフィリピン語学留学の3ヶ月を

どのように勉強するかによって、初・中・上級英語の実力を持った

人たちに関係なく勉強できる場所がフィリピンであり、

本人の現在の英語の実力によって、向上のスピードが変わることもあります。

 

それでは、現在、英語の実力によって、どのように勉強することで、

3ヶ月という短期間でさらに大きな効果を得られるのか? 調べてみましょう。

 

英語 初級レベル(TOEIC 300~500点)

英語の実力が初級レベルの方は、基本文法、読解、ある程度の英単語は

知っていますが、スピーキングやリスニングは、全然できていない方が多いです。

これは、知っている英単語と英文法を活用する方法を知らないため、

英語力が停滞していることが多く、英語初級レベルの方々は、フィリピン語学留学の

3ヶ月間、スピーキングとリスニング中心の学習を主に勉強すると良いです。

 

英語 中上級レベル(TOEIC 650~800点相当)

TOEICの点数を基準に650~800点程度の方々は、基礎を学ぶことになるから

フィリピン留学は必要ないだろうという考えを持っている人がたくさんいます。

しかし、一般基礎英語過程に限られていた以前のフィリピン留学とは違い、

現在はTOEIC・TOFEL・IELTSのような試験対策やビジネス・TESOLのような

高度なプログラムがあり、短期間に安い費用で中上級レベルの学生たちも、

フィリピン語学留学で大きな効果を得ています。

そして、実質的に日本では、TOEICの問題を理解して解くよりも、

暗記式で試験に臨むことが多いため、TOEICの点数が高いからといって、

その人の英語の基礎が完全にできているとは限りません。

初中級の学生方よりは、少し高いレベルの文法とより多くの量の英単語の実力は

持っていても、実際に話すことやリスニング力まで完璧に使いこなせる

学生はいないため、このような方でも、フィリピン語学留学で3か月の短期間

スピーキング力の向上だけを目標にしたり、すでにTOEICの点数は持っているので、

就職対策の英語やビジネス英語のような高度なプログラムを受講し、

さらにハイレベルな英語力の向上効果を期待することができます。

 

また、せっかく3ヶ月行くのに、フィリピンは英語が公用語であっても、

母国語ではないため、実質的に英語を学ぶなら、英語圏の国へ

3ヶ月行く方がもっと良いのではないか?という方もいます。

 


3ヶ月の英語圏での留学


英語圏への留学先としてバンクーバーは人気の街です。

 

フィリピン語学留学の3ヶ月と、英語圏留学の3ヶ月の効果について

知りたい方が多いのではないでしょうか?

3か月の短期留学なら英語圏の国よりは、フィリピン語学留学の

3ヶ月の方がはるかに大きい効果を得ることができます。

一般的に英語圏の国の授業と、フィリピン語学留学の授業を簡単に比較すると、

英語圏の国では、12~15人程のグループレッスンで授業が行われ、

1日に長くても5~6時間程度の授業配分になります。

それに対してフィリピンは、マンツーマン授業とともに、

少人数グループの授業が行われるため、同じ3ヶ月の期間であっても、

授業時間が英語圏の国に比べてはるかに多いです。

そして、平均的に英語圏の国で、英語のレベルを1つ上げるためには、

少なくとも8週間~12週間程度の期間がかかるため、英語圏の国では

3ヶ月勉強しても1つもレベルが上がらないこともありますが、

フィリピン留学では、少なくとも4週間~6週間の期間に1つレベルを

上げることができるため、3ヶ月あったら2~3つレベルを上げることができます。

 

そして、短期間で英語に対する自信と基本的な英語の実力向上のため、

アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアなど、英語圏の国へ留学する前に、

フィリピンで3ヶ月ほど留学して英語圏の国で留学を開始する学生も多いです。

 

どうせアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアで英語の勉強をするのに、

なぜあえて先に、3ヶ月という期間、フィリピンで勉強してから行くのでしょうか?

 

他の英語圏の国の授業はグループで行われるため、スピーキング力が弱い日本人たちは、

どうしても英語圏の国で適応するのに期間が長くかかってしまいます。

主にマンツーマン授業が行われて、生活面でも、寮生活で3か月間勉強だけに

集中できる環境を作ってくれるフィリピン留学は、

3ヶ月で英語を話すことに自信をつけることができます。

 

スピーキングとリスニングにある程度自信がついたら、英語圏の国のグループ授業でも

堂々と授業に参加することができ、英語の実力向上に役立ちます。

フィリピン語学留学の3ヶ月の効果について、現在の英語の実力によって、

他国と比べたときにはるかに効果的だと分かったら、せっかく同じ3ヶ月で

フィリピン語学留学をするなら、他の人よりもっと

英語力を上げる方法はないかと考えるようになります。

 


準備した人だけが成功できる


フィリピン留学前には、事前学習をしましょう!

 

少しヒントを与えると、フィリピン語学留学に出国前に、

日本であらかじめ英語の勉強を少しずつ準備して、

フィリピン語学留学を3ヶ月スタートさせることです。

フィリピン語学留学をあらかじめ申し込み、留学の準備をしている方はもちろん、

費用的にも節約できますが、すでに留学に行くという目標は決まっているので、

事前に英語を勉強しようという方も多いです。

しかし、それも三日坊主。

出国前に、日本でどんな英語の勉強をしなければならないのか分からずに、

フィリピンに行ってから勉強すればいいだろうという考えで、

貴重な時間を無駄にしてしまう場合が多いです。

 

いったい日本でどんな準備をしたら、フィリピン語学留学の3ヶ月で他の人より早く

英語に慣れ、より英語の実力を向上させて帰国することができるのでしょうか?

その答えは、英単語の暗記とリーディング、英文法の勉強です。

なぜなら、英語の勉強の基本である英単語と英文法の勉強ができていない状態で

フィリピン語学留学を始めると、英単語・英文法を勉強することに時間を浪費して、

実質的に私たちの目標であるスピーキング力を上げるために、

フィリピン語学留学の3ヶ月では足りないと感じるかもしれないからです。

 

フィリピン語学留学に行く前に、英単語の暗記に集中すれば、

フィリピン語学留学に行っていい結果を得ることができます。

それだけ、会話に最も必要なことは語彙力であり、語彙力が豊富であれば、

すぐに流暢な文章と言葉が出なかったとしても、授業の流れが乱れることなく、

授業内容がより早く理解できるため、基本的な英語学習を

事前にして行ったなら十分早く適応することができます。

 

そして、暗記したものは必ず口に出して練習したほうがいいです。

日本人の学生方は、暗記には強いですが、直接単語と文章を口にすることに

慣れていないため、スピーキング力が未熟なのです。

反復的に口に出す練習を繰り返し、1日で覚えた英単語は発音を直接聞きながら、

口と耳を同時に慣れさせることをおススメします。

そう聞くと、1日に英単語を100個ずつ覚えようと熱意を見せる人がいます。

英単語は反復学習であるため、1日に多くの量の英単語を暗記しようとするよりは、

5~10個程度ずつ暗記をしていくのが良いです。

毎日繰り返して身に付ける練習をすることが1番の方法です。

 

英単語の暗記とリーディングの練習とともに、

もう一つ追加したい勉強は、英文法の勉強です。

日本の英語教育が文法中心の教育であったため、

会話ができないという誤解をしていますが、事実上、

まともな会話をするためには、言葉の最も基本となる骨組みである、

文法的基礎がなければ、まともな会話をすることができません。

すでに私たちにとってある程度慣れた文法の勉強を、

フィリピン留学の3ヶ月という短い期間にフィリピンの

語学学校で勉強するというのは時間の無駄になります。

 

しかし、いまだ、英文法の実力が完璧ではないので、

留学前に日本であらかじめ、フィリピン語学学校で英文法の教材として

最も多く使用されている“Grammar In Use”を、

1冊まるまる読んで日本を出国するなら、フィリピン現地で、

あらかじめ学習した英単語をもとに、英文法の勉強を一緒にすると、

覚えておいた英単語が変形して、多様に活用できるため語学留学の3か月間は、

私たちの目標であるスピーキング力を向上させる機会にすることができるはずです。

 

3ヶ月の期間内に、英語の実力を最大限上げたいなら、

日本での英語学習や他の英語圏の国での学習では不十分です。

マンツーマン授業と、安い費用で、目的を最も早く達成することができる

フィリピン語学留学の3ヶ月の期間で、永遠の課題であった英語に対する悩みを、

本人のレベルや目的に合わせて留学準備を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください