AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピンの日本と同様、郵便局があり、郵便や宅配の送信、受信ができます。
しかし、日本とは利用方法が異なります。
小包を受け取るとき、直接家に配送されるわけではなく、
郵便局まで取りに行かなければなりません。
つまり、各地域にある郵便局までの配送だけが可能であるということです。

-日本からフィリピンに送られてきた小包を受け取る方法
フィリピンの郵便局に物品が到着している場合、通知書(NOTICE CARD)が届きます。
物品の受け取るには、通知書、パスポート、身分証明書を持って該当する郵便局に行きます。
物品を受け取るとき、受取人の名前とパスポートの名前が一致しなければなりません。
郵便局に行ったら、郵便局の職員に“COSTOMS”を聞き、
そっちの方へ行き、受け取りの受付をした後、物品を受け取ることができます。
この時手数料が40ペソ発生するので、手数料を必ず持っていかなければなりません。

-フィリピンから日本に小包を送る方法
各郵便局には、多数の窓口がありますが、ESMと書かれた窓口に行って小包を送ります。
たまに、小規模の郵便局の場合ESM窓口がない郵便局もあります。
その場合はe‐Post Shopという窓口で案内を受ければいいです。
発送金額は1kgにPHP 1,150で、0.5kg追加毎にPHP 200ずつ追加されます。
最大で1つあたり20kgまで送ることができます。
配送期間は5~10日。
発送時に問題が発生したときのために、領収書は必ず保管しておきましょう。