AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

語学留学 費用 節約する秘訣を公開!

 

 

フィリピン留学
語学留学を検討する際、最初に気になるのはその費用。

 

 

小学生から大学生を含め、サラリーマンや主婦、英語勉強について悩みがない人はいません。

それぞれ英語を学ぶ目的は、学業や就職、昇進や旅行など・・・様々ですが、

最終的な目的は、全て英語を上達させることです。

以前は、日本で英会話スクールに通って、自宅で自分で勉強していた人たちが多かったですが、

最近では、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス・フィリピンなど、

語学留学に行く方たちがますます増加しています。

語学留学期間も短く、1ヶ月~2ヶ月の短期語学留学から6か月以上の長期語学留学まで

多様化しており、語学留学を始める年齢も様々です。

それだけ英語が、重要になってきてしまったのです。

しかし、語学留学に行きたいと言っても、誰でもいつでも始められるわけではありません。

語学留学を簡単に決められない理由の一つが“費用”です。

今回は、語学留学の準備の際、誰もが悩む“語学留学費用”についてご説明します。

 


語学留学の費用の差はどこにあるのでしょうか?


 

フィリピン留学
語学留学の際、留学先は目的によって慎重に選びましょう!

留学先の国はどこ?

第一に、語学留学費用はまず、どのような目的を持って

“どの国”で留学をするかによって差があります。

語学留学に行く目的が、単に語学留学に行くのか、または大学進学や海外就職を

考えているかによって、語学留学国の選択が変わります。

単なる語学留学なら、国別の授業方式、学費を比較して準備を進めれば良いですが、

語学留学後、大学進学や就職のような目的を持っているのなら、

もう少し慎重に調べて留学国を決定しなければなりません。

一般的に語学留学費用が高い国にあたるのは、アメリカ・イギリスで、

これらの国は、学費はもちろん生活費が高い国でもあります。

英語圏の国の中でも安い方に属する国は、カナダ・オーストラリアのような国々です。

そして、英語留学をすることができる国の中で最も安い国はフィリピンです。

もちろん、アメリカ内でも地域や選択する語学学校によっては、

オーストラリアやカナダよりも語学留学費用が安くなることもあります。

上記で説明した基準は、平均的な授業料と生活費を基準に述べました。

ちなみに、英語圏の国で6か月以下で語学留学に行く際に、最も便利な国はカナダです。

なぜなら、カナダは観光ビザで合法的に6か月まで英語研修が可能な国であり、

他の国では6か月間の語学留学をする際に、学生ビザが必要になるためです。

費用的に英会話と全般的な英語力向上のために語学留学をするのなら、

フィリピンが最も安い留学国です。

フィリピンは他の英語圏の国に比べて授業料が安く、宿泊費や生活費も安いです。

国が決まれば次は地域

第二に、語学留学費用は同じ国でも“どの地域”を選択するかによって差があります。

どの国で留学をするか決まった後は、その国のどの地域に行くのかを

決めなければなりません。同じ国の中でも、地域によって語学留学費用に差があります。

多くの国では、大都市の学費や生活費が高く、中小都市が大都市より少し安く、

小都市が最も安い地域に属します。

ただ、大都市に行けば、ほとんどの語学学校は、規模も大きく、多様な語学学校があり、

小都市に行くと、語学学校の数が少ないため学校の選択の幅が狭くなります。

しかし、語学留学国の中で、フィリピンは地域に関係なく、

語学留学費用の差はほとんどありません。

 

どの語学学校?

第三に、語学留学費用は、“どの学校”を選択するかによって差があります。

語学留学国や地域が決まったら、次に、勉強する語学学校を決めなければなりません。

ところが、同じ都市内でも語学学校によって学費の差があります。

同じ都市の中では、学費が似通っていますが、いくつかの語学学校では、

特に学費が高かったり、逆に安いところもあります。

例えば、アメリカのニューヨークで語学留学をした場合、同じニューヨークですが、

ある学校は1ヶ月の学費が15万であり、一方の学校は

1ヶ月の学費が10万もしないこともあります。

そのため、逆に考えれば気になっている地域があり、学費が負担なのであれば、

その地域の中で、各学校の学費を比較して、さらに安いところを選択することもできます。

しかし、費用によっては、学校の施設と授業に関してギャップがある

ということを考慮しておいてください。

 

留学期間は?

当然の話ですが、語学留学期間によって語学留学費用に差が出ることになります。

しかし、同じ期間でも、どのように申し込むかによって語学留学費用に差があります。

つまり、6か月勉強する場合、3ヶ月申し込んで、その後3ヶ月延長するより、

始めから6か月申し込んだ方が、学費は安くなります。

なぜなら、英語圏では、学費を見積もる際に、1週間当たりの学費が$350、

24週間申し込んだ際には、1週間当たり$290の学費と、見積もられ、

事前に長期間申し込んだ方が、1週間あたりの学費がもっとも安いため、

全体的な語学留学費用がもっと安くなります。

 

以上、語学留学費用に差が出る仕組みについて説明しました。

それでは、語学留学費用の内訳には、どんなものがあるのか調べてみましょう。

 


語学留学費用 学費(授業料)


 

フィリピン留学
語学留学の費用において、多くの部分を占める学費について。

 

語学留学費用のうち、学費は、どの国・どの地域・どの学校を選択するかによって

多くの違いがあります。

例えば、アメリカは学費が高い方に属しており、アメリカ内でもニューヨークや

ボストンの地域は学費が高く、サンディエゴやシアトル地域は学費が少し安いです。

そして、同じニューヨークの中でも、学校によって月に数万円ずつ差があるかもしれません。

 

学費を比較する際に、国別に比較することもできますが、まずは英語圏の国の学費と

フィリピン語学留学の学費に大きく分けて比較してみましょう。

簡単に整理をすると、英語圏の場合、1ヶ月の授業料が平均13万円~17万円であり、

フィリピンの場合は、1ヶ月の授業料が平均10万円くらいです。

英語圏の学費が、フィリピンの学費の約2倍に該当する費用ととらえることができます。

 

ここで、費用に対する効果についても話すと、

フィリピンの場合、1ヶ月に8~10万円という費用で、1日に少なくとも6時間、

最大でも10時間英語の授業を行い、

英語圏の国の場合は、1ヶ月の授業料が13万~17万ですが、

授業時間は平均1日4時間~5時間程度です。

フィリピン語学留学は、英語圏の語学留学より安い費用で、

より多くの授業を受けることが可能です。

 

また、フィリピンは授業構成にマンツーマン授業を必須としています。

つまり、1日6時間~10時間の授業の中に、平均4時間以上マンツーマン授業があります。

マンツーマン授業を他の英語圏で受講する場合、1日に1時間の授業に1万円以上の

費用がかかることになります。

つまり、フィリピン語学留学は、費用に対して授業時間と授業構成に対する

満足度が高い留学国です。

そして、最近では、2か国留学も多く選ばれています。

2か国留学を選択するなら、語学留学費用を減らすことができます。

英語の基礎はフィリピンで勉強し、中級以上の実力をつけて英語圏の国へ留学するため、

英語圏の国で消費する語学留学費用をはるかに減らすことができます。

例えば、英語圏で9か月の留学計画を立てれば、学費だけで平均的に

115万~135万円が必要となります。

しかし、フィリピンで4か月+英語圏で5か月の留学をするとなれば、

約95万~115万円程度で収まります。

つまり、少なくとも、20万円以上、費用が節約できます。

20万円は大した金額ではないと思われがちですが、英語圏は生活費が高いため、

生活費まで含めたら、はるかに大きい費用の差があります。

 


語学留学費用 宿泊費 寮/ホームステイ/シェアハウス


 

フィリピン留学
語学留学の際、英語圏での滞在先は様々ですがフィリピンでは寮が主流です。

 

語学留学の際に、宿泊先は寮・ホームステイ・シェアハウスなどから選択します。

英語圏に行くのなら、シェアハウスが最も安い方法です。

理由は、シェアハウスは、都市の至る所にあり、本人の予算に合わせて、

安い場所を十分選択可能なためです。

学校で設置されている寮は、シェアハウスより高く、ホームステイも

1ヶ月平均10万円~15万円と高めです。

そして、ホームステイは朝と夜に食事が提供されるというメリットがありますが、

大半は学校と距離があるため、通学のための交通費が多くかかります。

また、寮やホームステイによっては、電気代・水道料金・電話代などを

別に支払わなければならない場合もあります。

その反面、フィリピンへの語学留学費用で宿泊費は、語学学校が運営する寮の使用を

義務化しているため、ほとんどの語学学校が寮と一体型の施設で構成されています。

つまり、同じ建物、または同じ空間内で運営されているため、基本的に交通費がかかりません。

また、フィリピンの学生寮では、1日3食の食事や掃除、洗濯まで提供され、

食費と生活費に関する負担もありません。

このように、フィリピン語学学校の寮を利用すると、何人部屋かによっても異なりますが、

1ヶ月で平均8万円ほどです。

英語圏の国でも8万円程度の部屋を借りることもできますが、

食事は含まれていないために食費と交通費を追加で支払うことになります。

 


語学留学費用 お小遣い


 

フィリピン留学
語学留学中の週末には無駄遣いしてしまうことも。。。お小遣い管理は重要です!

 

お小遣いは国によって関係なく、個人のお金の使い方に大きな違いがありますが、

基本的に国別に物価を考慮せざるを得ません。

国別にみると、アメリカ・イギリスの物価が高い方で、

オーストラリアやカナダが少し安い方です。

そして、国内でも大都市か中小都市かまたは小都市かによって物価の差が大きいです。

例えば、オーストラリアでいうと、シドニー・メルボルンは物価が最も高い地域であり、

ケアンズ・アデレードのようなところは物価が安い地域です。

そして、先ほど話したようにフィリピンの場合、食費が寮の費用の中に含まれており、

寮+学校一体型で平日にお金を使うことがほとんどありません。

お小遣いを使用するのは、個人的に買って食べるおやつくらいです。

お小遣いの中でも、最も多くの出費を占めるのは、主に文化的な生活費です。

学校が終わって、公演を見に行ったり、映画を見に行ったり、または週末を利用して

旅行をよくする場合、お小遣いを増やすしかありません。

また、ショッピングが好きな方の場合も、予想より多くのお金を使うようになります。

英語圏の国の場合、1ヶ月のお小遣いは、平均7万円以上を考えれば、

基本的な生活ができ、フィリピンの場合、1ヶ月3万円程度で生活が可能です。

フィリピンでは、平日は学校で食事が提供され、平日は学校で勉強する雰囲気なので、

平日にお小遣いを使うことがほとんどありません。

一方、英語圏の国では、毎日語学学校がある市内へ移動しなければならないため、

予想していなかったお小遣いを使用することになります。

そして、英語圏の国に行く場合、物価が高いと気がかりになって

お金を惜しみながら使う傾向があり、逆に、フィリピンは物価が安いという理由で

お金を使っていると、思ったより多くの費用を使うことになる場合もあります。

 


フィリピン語学留学 コストパフォーマンスの選択肢


 

フィリピン留学
こちらは、フィリピンにある語学学校の様子です。

 

フィリピン語学留学では、どこでも費用の差は大きくはありません。

しかし英語圏の場合、地域によって、また、選択する語学学校によって差が生じます。

フィリピンへの語学留学費用は、基本的な施設と留学環境、そして似たような授業編成を

持っている2つの語学学校を比較しても、大きな差はありません。

フィリピンへの語学留学費用で学費、寮費について見ると、学費が他の所より安い場合は、

マンツーマン授業が少なかったり、1日の全体的な授業量が少ない語学学校です。

学費が少し高い学校と似た授業編成を組むためには、学費が高い学校と授業料が似ていたり、

むしろ全体の費用が高くなることもあります。

もし、休暇を兼ねた語学留学を考えている場合、スパルタ式の授業が嫌で、

授業が少ないところを希望されるのであれば、学費が安い学校を調べるのもいいです。

そして、寮費の場合、寮内の施設とその他の施設のいい語学学校であればあるほど、

寮の費用も高くなります。

寮費に差がないのであれば、寮の施設も似たようなものだと思ってもらって結構です。

寮は、同じ2人部屋・3人部屋であったとしても、語学学校によって

5千円~1万円程度の差が出ます。

そして、希望する学校の授業スタイルですが、寮費が高くて負担を感じるのなら、

他の語学学校を選択するよりも、1部屋を使用する人数が多い

部屋の寮を選択するのも一つの方法です。

このような語学留学費用の1万~2万円を節約するのに、語学学校の授業や環境も考えず、

無条件に安い学校を選択する学生もいます。

しかし、語学留学が高いのには、授業や施設、管理面で、高いなりの理由があります。

費用の差が大きいのなら、本当に気に入った語学学校であっても、

もう一度慎重に考えなければなりませんが、1~2万円の差であれば、本人の目的、

本人のスタイルに合う学校を選択することが、効果を得る最大の方法です。

目の前の費用を少しでも節約するために、自分の希望する学校とは別の学校を選択すると、

高い語学留学費用に対して、相応な語学留学効果を得られないこともあります。

 


フィリピン語学留学 信じられるエージェントを通して申し込みを!


 

語学留学費用についてこのように調べ、その中で具体的なフィリピン語学留学費用について

調べたなら、語学留学の手続きをどこで行うかが重要です。

ここが、1番重要な部分です。

最近、留学エージェントの中では、語学留学生たちから学費を受け取って姿を消したり、

連絡が途絶えるエージェントも、度々ニュースで耳にします。

語学留学費用をいくら割引してくれると言っても、学生方から学費を受け取った後、

行方をくらましてしまう状況です。

語学留学を準備している方々は、少しでも安く留学するために、

このような状況に惑わされざるを得ません。

少しの費用を節約しようとしたために、大きな費用を失うこともあります。

そのため、このような状況を避けるために、日本での手続きと

フィリピン現地サポートまで可能な留学エージェントで準備するのが1番です。