【フィリピン留学】セブパシフィック キャンセル ・変更の方法

セブパシフィック キャンセル ・変更の方法

▲セブパシフィックの航空券を購入後に、計画変更などによりキャンセルや日時の変更がしたくなったら!?

前回は、フィリピン留学を予定されている方に向けて、

セブパシフィックのチケット購入方法をご説明させていただきました。

前回の記事はこちら▶ セブパシフィック でチケット入手する方法

今回は、セブパシフィックのキャンセルと変更の方法、そして

留学中に近辺の国へ旅行される方に役立つ、セブパシフィックの

現金払いについてお伝えします。


手数料が高い! キャンセルと変更


セブパシフィックのプロモーション価格ではないチケットは、

キャンセルや変更が可能です。が!手数料が非常に高いです。

キャンセル料は  国内線:1200ペソ 搭乗日変更は 国内線:1200ペソ

                                国際線:2750ペソ        国際線:2000ペソ

さらに、キャンセル料とは別に予約サイトの利用料が片道120ペソかかり、

さらにそれに対する12%の付加価値税がかかります。

日本発で予約した場合 国際線は搭乗日などの変更は6000円、

キャンセル料は10000円かかります。これは一区間でのキャンセル料で、

乗り継ぎがあればその分の区間がかかります。

なので、チケットを捨てるか、最初からキャンセル料が少しで済む

高めのチケットを取った方がいいです。


何日前まで可能!? キャンセルと変更


セブパシフィック航空の予約済みチケットの日程や利用区間の変更、

また、チケットのキャンセルができるのは、

搭乗便の出発予定時刻の4時間前までです。

それを過ぎると一切の変更、キャンセルはできません。

また、変更したい日や区間のフライトが満席だった場合もできません。


ネットからキャンセルが可能!


電話(日本語不可)はつながらない、メールは返信がないことが多いので、

ネットでキャンセルすることをお勧めします。

▲まずセブパシフィックのサイトにアクセス!

具体的な手続きとしては、 まずセブパシフィックのサイトにアクセスして、

上部にある「予約管理( Manage Booking )」の中から

「飛行をキャンセル( Cancel flight )」を選択し、

そこからキャンセルを行うことができます。

変更は「飛行を変更( Change flighy )」で変更ができます。

次に表示された画面を下にスクロールして、

カード決済の方はオプション1、どれか一つ選んで入力します。

「次へ」をクリックします。

▲セブパシフィックのホームページでは、日本語を選択していても途中で英語に変わってしまったりします。

③その後は、キャンセルしたいチケットの内容が表示されるので、

間違いがなければ CONTINNUE をクリック。


セブパシフィック 現地での現金払い方法!


▲フィリピンの通貨はペソ。日本円からの両替は、日本ではなく現地の方がレートが良いので、日本では必要最小限の金額のみ両替して持参しましょう。

フィリピン留学中や帰国前に、シンガポールやタイなどの

近隣の国へ旅行される方も多くいらっしゃいます。

そんな方へ、フィリピン現地で可能なセブパシフィックの

現金払いについてお知らせします。

特に帰国前ですと、余ったペソを日本円に両替するよりは

すべて使い切りたい!という声をよく聞きます。

そこで、セブパシフィックのチケット購入の際に

現金払いができると便利ですよね?

手順は支払いの選択の際に「お支払センター(payment centers)」をクリックします。

次に、支払うセンターを選んでください。

留学中の学生さんならよくご存知のSMモール、Business Services Center や

ロビンソンモール、代表的な銀行でしたら、BDO、BPI、Metro bank などで

支払いが可能です。

その後は右側にある予約番号と金額を確認します。

それをコピーするか、携帯で撮って支払いに行ってください。

現金で支払った場合、20分以内にメールで航空券が送られてきます。

以上、セブパシフィックのキャンセル・変更の方法と、現地での現金払いの方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください