フィリピン留学 ジュニアからの英語留学

フィリピン留学 ジュニアからの英語留学

ますます人気が高くなっているフィリピン留学へ、家族で来られる方も多いです。

日本においても、ますます英語教育への熱が高まっています。

“英語​”に対する関心や、その学習法に対して多くの人が関心をもっています。

特に、子供を育てている親は、さらに関心を持っていることでしょう。

幼い頃から英会話やインターナショナルスクールで

英語力を伸ばそうとしていることでしょう。

そこで英語力をあげるのに一番良いのが、家族が一緒に勉強して

英語の実力を身につけることができるフィリピン家族留学です。

フィリピン留学のここがいい!

フィリピン留学の一番の魅力は、コストパフォーマンスの良さと日本から近い事。

1)留学費用が安い。

同じ期間、カナダ、米国、オーストラリア、英国など英語圏の国で​

家族全員が留学した際のすべての費用(航空券を含めて諸般費用、

住居と食事、授業)の3分の1でフィリピンに留学することが出来ます。

1人が英語圏の国で留学する費用で、3人の家族がみな一緒に勉強できるのです。

2)地理的に近い。

大半の家族は海外家族留学は初めてでしょう。

フィリピンは飛行機で約5時間で行ける距離にあり、

地理的に近いことから、心理的な安心感を感じることができます。

もしご家族の方が、現地に適応することが出来なかった場合は、

数時間で日本に帰ることができるので安心です。

3)コストパフォーマンスが高い。

フィリピンの留学は、先生1人と生徒1人が1対1で勉強をします。

1日に3時間~8時間勉強ができ、短期間の留学でも勉強の効果が確実に保障されます。 ​

フィリピン親子留学、このように準備せよ!

フィリピンは7000以上もの島からなる島国です。

フィリピンへの家族留学を決めたら、次は準備です。

準備方法は難しくありません。

1)家族の雰囲気に合う留学先を決めてください。

フィリピン留学は低コストで高い効果を得られるので、人気になってきました。

一般の学生さんとは目標と生活方式が異なるので、家族留学を成功させるためには、

“家族の要望”に適合した地域を選択するのが良いでしょう。

フィリピン家族留学の代表的な地域はセブ、イロイロ、クラーク、マニラ、バギオです。

▶セブの長所としては、語学学校の選択肢が多く、

週末は多様なアクティビティをすることができることです。

CIJ語学学校、 CIEC語学学校、CEBU ESL語学学校

ENGLISH FELLA語学学校、 SMEAG語学学校、BLUE OCEAN語学学校、

CPI語学学校、CELLA語学学校などが家族留学する際の候補学校です。 ​

▶イロイロは都市規模は小さいですが、物価安く、

リゾート地ボラカイへ陸路で行くことができるという長所があります。

しかしセブと比較すれば、体験できるアクティビティは少ないです。

MK語学学校、GIEC語学学校などがあります。​ ​

▶クラークは家族留学への問い合わせが多い地域の一つであり、

クラーク市内への出入りの際にボディチェックが行われるので、

とても治安がいい地域です。

HELP語学学校、EG語学学校、CNK語学学校、GS語学学校、

CIP語学学校、AELC語学学校などがあります。 ​

▶マニラは、フィリピンの首都なので物価が高いという短所がありますが、

講師たちが優秀で家族留学ついてのノウハウを持っています。

CNN語学学校などがあります。​ ​

▶バギオは標高が高いところに位置しているので、

他の地域に比べて年平均温度が低く、勉強するにはいい環境です。

BECI語学学校、JIC語学学校、E-EDU語学学校、TALK語学学校などがあります。​

2)目標に合った留学期間を選択してください。 

家族留学する際、1週間から長い方で8週間の短期間です。

フィリピンでは留学期間が短くても、マンツーマン授業なので、

帰国後も英語に対する自信や興味により、英語を勉強するようになります。

つまり、4週間という短い期間でも、十分に英語への興味を誘発することが出来ます。

こどもがインターナショナルスクールへ入学する場合は、

12週間以上~6ヵ月、長い方は1年程家族留学をします。

掃除や、洗濯、食事など生活面は全部学校がしてくれるため、

両親も子どもの英語勉強へ注意を置くことができます。​

子どもの英語の実力だけでなく、両親の英語力まで

向上させることができるので、一石二鳥です。

3)フィリピン親子留学の際は、両親も英語の勉強をしましょう。 

多くの語学学校は、体系的な管理のため、

両親も英語の学習をすることをお勧めします。 ​

授業量が多いと感じたら、ガーディアンコース(保護者コース)にして、

1日最低4時間ほどの授業量にしましょう。

逆にもっと多くの授業をご希望の方は、最大8時間まで授業を受けることができます。

4)幼稚園児でも留学可能です。 

お子様が、幼いうちから英語の勉強をスタートさせましょう!

多くの学校は、小学生以上のお子さんを対象にしたコースを用意しています。

しかし、幼稚園コースがある語学学校も中にはあります。

英語で進行する体育や美術の授業などを通じて、

英語への興味を引き立てるようなコースになっています。

5)カウンセラーと相談し、具体的なアドバイスをもらいましょう。

フィリピンには、本当に多くの家族留学に適した語学学校があります。

家族留学をする目的が、子どもの英語教育なのか、もしくは自分自身の

英語力上達なのか、それによって語学学校の選択もまた変わってきます。

教育水準はもちろん、施設充実さ、市内への距離など、

それぞれの家族で希望する条件が違うため、

家族留学に詳しいいカウンセラーに相談するのがいいでしょう。​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください