AD Blocker Detected

Ads can be a pain, but they are our only way to maintain the server. Please deactive Ads blocker to read the content. Your co-operation is highly appreciated and we hope our service can be worth it.

フィリピン留学 ジュニアからの英語留学 後編

 

海外ジュニアキャンプで気をつけること

お子様にフィリピンでの英語漬けキャンプはいかがでしょうか?

 

多様な海外英語キャンププログラムが保護者たちの間で関心を集めていますが、

費用と子どもたちの現地適応に関する心配は依然として、

保護者のみなさまの大きな悩みの種になっています。

 

特に初めて海外に出る幼い学生たちにとっては、

海外そのものが怖くて、恐怖の数日になることもあります。

短期間であれば、地理的にも心理的にも近い、

フィリピンでのジュニアキャンプはいかがでしょうか?

出国前の厳しいビザの準備手続きもなく、簡単で西欧圏より安い費用、

フィリピンでのジュニアキャンプの長所は一つや二つだけではありません。

ご両親には安い費用と準備手続き、実際のキャンプに参加する学生には

経験を積んだ先生たちとのマンツーマン授業を通じて、英語の会話に対する自信と

実力向上だけでなく、海外での特別な経験も積むことができます。

しかしまずは、多くのキャンプ実施会社やプログラムのうち、

どのキャンプを選択するかが重要です。

 

1.うちの子供の英語の実力を引き上げることができるところ。

 

海外経験があまりない学生たちが短期間で、

英語の実力を高く引き上げるためには集中的な教育が必要です。

そして英語圏の国への留学やキャンプの計画では、

さらに基礎をしっかり身に着けることが重要です。

この際、最も適したプログラムが、集中型のフィリピン英語キャンプです。

フィリピン英語キャンプのマンツーマン授業と、

多様なグループ授業で行われるカリキュラムは、

短期間で学生たちの英語力をアップグレードさせるのに最適です。

英語漬けキャンプを実施している数多くのフィリピン英語キャンプ業者の

1日の授業量はほとんど変わりません。

1日の英語の授業量と同じくらい重要なのは、子供たちを教える教師の質です。

子供たちは年齢と英語のレベルが異なるため、学生達1人1人のレベルに合わせた

オーダーメード式の教育ができなければなりません。

キャンプ会社が急激に増え、キャンプだけを単発で運営する会社は、

実力があるかわからない先生たちを臨時で雇用して、

学生たちを任せるケースがほとんどです。

1年間、終始生徒を教えているきちんとした語学学校か、臨時バイトの先生ではなく、

正規雇用の先生が生徒たちを教える所か、よく検討して選択した多くの学生は

短期間中に英語力は確かにアップグレードします。

 

2.うちの子供が安全に過ごすことができるところ。

全世界的に、’安全’が話題となっている時代です。

保護者のみなさまは、学生たちの英語能力の向上も希望されますが、

それよりさらに重要と考えているのは、学生たちが安全で健康に生活を送ることです。

一部の会社の低価格でのキャンプでは、学生の管理力がかなり足りなかったり、

研修が行われていないアルバイトの引率者を雇用したりと、

安全に関する教育が不十分な場合が多いです。

また、フィリピンで常に1年間運営している語学学校ではなく、

学生たちの夏休みを利用して商売をするという単発の企業が急増しました。

それにより数多くのフィリピン英語キャンプの会社が、

安全できれいな施設で安らかに過ごせるということを宣伝し、

ホテルやコンドミニアムを短期的に賃貸して実施している場合もあります。

この場合、コンドミニアムやホテルの建物全体を賃貸しない限り、

外部者とともに使用することになります。

コンドミニアムに住んでいる入居者、ホテルを利用する宿泊客と

ともに施設の物を利用したり、出会うことが日常的に起きます。

警備員が見張っているといいますが、ホテルの場合、

1階の警備員さえ通過すれば、どこへでもいけます。

部外者を厳しく統制させている正常な語学学校に比べ、

学生は外部の危険にさらされるのです。

授業的な面でもホテルやコンドミニアムでは、講義室がないため、

臨時で仕切りになっている机を作っておいたり、それすらないと、

学生たちが過ごす部屋の中で授業を行うしかないのでまともな授業を受けにくいです。

 

このような単発性のフィリピン英語キャンプ会社の場合は、

フィリピン教育庁に登録されておらず、フィリピンで勉強をする場合、

発行しなければならないSSP書類、TESDA書類、ACRカード、

ビザなどの発行もしない場合もあります。

もしこのように不法に実施されるキャンプに参加した場合、フィリピンで抑留されたり、

収用所に拘束されたり、強制送還を受ける場合もあります。

このように外国からきた子供たちを、危険な状況にさらされる環境を作った

会社もたくさんあるため、さらに慎重に選択しなければなりません。

 

 

3.子供たちの授業する姿と生活する姿を確認できるのか?

保護者なしに学生たちが生活をしているところの環境はどうか、

ご飯はちゃんと食べているのか、当然、心配されることでしょう。

だから、このような全ての日常生活の姿を、確認することができなければなりません。

保護者のみなさまがこのような状況を直接確認することができない会社の場合、

適当な食事を提供したり、清潔とは言えない生活環境と不十分な授業環境で

適当に時間を過ごす場合もたくさんあります。

食事がひどくなかったか、どのような授業をしたのか、今日、

うちの子供が着た服は何か子供たちがそばにいるかのように

毎日確認することができるように、毎日写真と子供たちの日常をアップデートして

くれる会社か確認しなければなりません。

勉強にはついていけているか、現地生活のレポートを受けることができ、

写真、動画などで子供のキャンプ生活をチェックできるサイトの有無は

安全な運営をしている必須条件だと言えます。

子供たちの日常を毎日アップデートして、ちゃんと過ごしているのかを見せてくれる会社。

保護者が日本にいても、フィリピン現地で子供たちが元気に過ごす姿を知ることができる、

安心して子供を送ることができるキャンプを選ばなければいけません。

 

 

4.多様な英語の活用授業と面白いアクティビティが用意されているか?

数年間、直接プログラムを企画して管理するキャンプ会社は、安全だけでなく、

教育的にも多様なプログラムと、英語自体に興味を持てる

英語の活用授業を用意しています。

それだけでなく、キャンプを開催する地域の観光地を訪問したり、

多彩なアクティビティまで企画されています。

一方、単発性会社の場合、教育的な体系がなく十分な人材がないので、

実力が不足した先生を雇用する場合が多いです。

このような理由で子供たちの目線に合った、多様な英語の活用授業を

準備できない場合がたくさんあります。

また、とても安い費用でキャンプを開催しようとしたため、海外キャンプの特徴である

様々なアクティビティもまともに含まれていない場合もたくさんあります。

ポップソングで勉強したり、料理実習、スピーチの授業、多様な英語ゲームなど

子供たちの興味を刺激して、自ら勉強できるようにしてくれる多様な英語の活用授業や

アイルランド・ホッピング、リゾートのウォーターパークツアー、

奉仕活動の修了証が認められるアクティビティの活動まで、英語の実力だけでなく、

さまざまな経験まで積める会社を選択することが望ましいです。

 

子供の留学、家族留学、短期留学、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど

他の英語圏の国を考えているのであれば、フィリピン英語キャンプは

海外生活に慣れるのにはいい場所です。

マンツーマンを通して、学生のレベルに合わせて集中的に英語を勉強し、

多様な海外経験も積むことができるため非常に効果的です。

 

何よりもキャンプを実施している会社が、どれほどキャンプを行う国に関する専門性を

持っているかどうかアドバイスを求めて判断すれば、

子供たちの性格や目的に適した安全なキャンプ会社を選ぶことができ、

子供達の大切な時間を充実した、やりがいのあるものにできるでしょう。